小学校の英語教育が変わる

 

2020年から小学校の英語教育が変わります。

今でも小学校5年生以上では、成績表に乗らない形の英語の時間がありますが、それが3年生からスタートします。

5年生以上は、通知表に乗る、正式な科目として授業に採用されます。

 

合わせて、大学入試センター試験(2020年から大学入試共通テストと言う名前に変更)の英語のテストには、今まで「聞く」「読む」が中心でしたが、「話す」「書く」の項目が追加されます。

 

とっても良い事だと思うのですが、

 

現状でも宿題やるのに一杯いっぱいなのに、教科が追加されて子供がついて行けるのか、少し不安な部分もあります。

 

英語が得意か不得意かで、今後の進路が大きく影響しそうなことを考えると、今から親がしてあげられる事は何だろうかと、考えてしまいます。

 

 

 

小学校2年生の娘の成績

 

我が家の娘の成績は、まずまずの結果と言ったところでしょうか

 

小学校1年生の時に授業で行った100マス計算で、ブッチきりクラストップの結果を出したことがあったそうです。

 

そこから急に、勉強が好きになったみたいで、宿題も率先して行っています。

 

小学校入学と同時に家庭でやっていた、100マス計算が、こんなところで成果を生むとは。

 

100マス計算は集中力を目的とする

 

100マス計算は賛否両論ですが、職場で100マス計算が速い人は事務処理能力が早いと言う事を目の当たりにしております。

 

実社会に役立つトレーニングだなと思っています。

 

そもそも、計算が速くなるようにと言う気持ちで子供に始めさせていません。

 

100マス計算の目的は、集中力養成なのです。

 

集中力さえつけば、宿題も自主学習も、授業中も、出てくる結果が違ってきます。

 

英語の授業に楽しんでもらう為にも、英語以外の教科の安定の為にも、集中力をつけて基礎体力を上げておく事は、結構おすすめの対策の一つです。

 

 

日本の英語教育は質よりも量が不足

 

私は外資系におります。

 

でも、入社した当初は一切英語が話せませんでした。

 

特に勉強もしなかったせいで、まだ流暢に話せません。

 

でも、努力のおかげで少しづつ、話せるようになりました。

 

娘にはこうなって欲しくないなと。

 

就職活動で日本企業だけしか狙えない学生になって欲しくないなと。

 

やはり、外国人と一緒に仕事をしたり、友達になったり、飲みに行ったりするのは、楽しいですよ。

 

日本人だけの世界で一生過ごすなんて、人生もったいないです。

 

そもそも英語、日本人は本当に苦手です。

 

いや、苦手と思い込んでいる人が多いです。

 

中学校から6年間、大学含めて10年間勉強しているのに、全く話せない日本人がたくさんいるのはご承知の通り。

 

そこにつけ込む 英語 HOW TO本の数々。

 

その本を手に取って、英語の進歩を実感された方はいますでしょうか?

 

日本人の英語教育で必要としているのは優秀な講師でも、テクニックの習得でもありません。

 

量が足りないんです。

 

 

英語は5000時間

 

日本人が英語を習得する為には、最低5000時間、英語と関わる必要があると、英語教育に携わっている方が本でお話しされていました。

 

義務教育では約1000時間強しか確保出来てないそうです。

 

つまり、圧倒的に勉強時間が足りていないにもかかわらず、「英語が話せない」と嘆いている、「痛い状況」であることがわかります。

 

だから、小学校から英語を学ぶ事は、そういった観点から、とてもすばらしい事。

 

小学校3年生と言わず、物後ごろついたときから英語に触れさせることが重要となってきます。

 

娘が英語をいきなり口にした

 

ある夕食時のこと

 

挨拶が重要だ みたいな話を私がしていたところ、突然

 

「Hello Nice to meet you my name is…」

 

と、小学校1年生の息子が話しだしました。

 

続けて娘も話し始めました。

 

そんな簡単な英語で英語話したとか言うなよって 思われるでしょ?

 

でもこれは、

 

自ら日本語以外を口にするって、少し壁があるんです。その小さな壁を、飛び越えている証拠なんです。

 

英語の塾にも言ってない、小学校は公立、日本人以外と接触が無い さらに、僕が教えた訳でもないのに です。

 

妻に、「どうした?」と聞いてみたら

 

もしかしたらコレかもって、、、

 

変なタブレット。

 

あぁ、娘がどうしてもやりたいと言って始めたあれ。

 

英語に触れる時間を家庭で確保する

 

 

2020年から始まる英語教育に向けて、親が準備できる事って、

 

英語に触れる時間を増やしてあげる事

 

これにつきるのではないかと思います。

 

英会話学校に通わせるのも良し、地域の交流会に参加させるもよし

 

Youtubeは英語のサイトなら1時見ていいよなんて条件をつけて挙げるも良し

 

家の中の全ての物に英語を貼付けるも良し

 

こういった事をしてあげれば、小学校の英語授業でつまずく事は無いでしょう。

 

親が英語を話せないのであれば、親が教えてあげる事は不可能です。

 

学校の先生だって、英語話せない人もいるでしょう。

 

子供たちが自ら、現在のツールを駆使して英語力を伸ばして行く事が重要になってきます。

 

youtubeは30分しか見せていませんが、英語のサイトの場合は30分延長OKにしています。

 

息子は恐竜が好きなので、勝手にサイトを探してみていますが、基本英語のサイトが多いです。

 

だからあいつは発音が良いのかと、思ったりもします。

 

日本のテレビはメリットを感じないので リビングには置いていません。

 

スマイルゼミというタブレット勉強講座はいつでも自由にやっていいシステムになっています。

 

スマイルゼミは2年生標準クラス毎月3100円、

英語プレミアムは追加料金毎月680円です。

 

英語の内容一部、スクショです。

 

小学生新聞無料購読や、プログラミングの基礎講座、

実施している教科から特異不得意をシステムが検知し、全国の平均と照らし合わせて、「今日のミッション」が自動生成される機能や、

継続力とやる気を後押しする親とのチャット機能がある事が、大きな決め手となりました。

 

スマイルゼミにも 勉強した時間に応じて、ゲームが出来る機能がありますが、ベネッセのチャレンジタッチと比較すると、遊び要素は少ないです。

 

勉強の習慣がついてる子 スマイルゼミ

そもそも勉強する事に興味を持ったほうが良い子 チャレンジタッチ

 

こんな感覚です。

 



 

我が家は3人子供がいるため、高校卒業までは公立高校でないと、経済的に厳しいと考えています。

 

よって、教育にお金をかける際は、徹底的に吟味します。

 

塾に行かせるお金も出せませんので、家庭内学習である程度の成果を出せる事に集中投資して行こうと思っています。

 

長女が生まれた時に、ディズニーの英語システムで大損した事も影響していると思いますが笑

 

スマイルゼミは中学生の講座もありますので、うまく活用できれば塾に行かなくても済むかなと思っています。