私のローンはARUHIでフラット35S 金利Aタイプ

1年目です。初めての注文住宅の手続きの中で、最初に不動産屋さんに紹介されたのは群○銀行の変動ローンでした。なぜ、群馬に縁もゆかりも無い私に、その銀行が提示されたのか理解できなかった私は、背景にある、企業間同士の距離の近さを感じました。これは勉強しないとカモにされるな と思って、少しだけ勉強しました。そこでたどり着いたのは、実はARUHIではありませんでした。

フラット35の検討なら、この3社!!

住信SBI

  • 団信保険料なんと無料
  • 8大疾病特約 無料
  • 手数料は2%  5000万の借入で100万円
  • 常に業界最低金利
  • 繰り上げ返済手数料 常に0円。

団体信用生命保険料と8大疾病補償は、もう、驚きです。
指定の病気になった場合10万円の見舞金。
子弟の病気で働けなくなったら12ヶ月間は住宅ローン補償
12ヶ月を超えても働けない場合、住宅ローン免除優しすぎます。

 

ARUHI

  • 窓口で相談できる安心
  • 手数料は2.16% 5000万の借入で108万円
  • オプションで8大疾病つける事が可能
  • もちろん最低金利

でも

  • 団体信用生命保険は任意だが入りたければ別途秘必要
    (5000万借入でで216万)
  • 繰り上げ返済は100万円単位で手数料無料。

窓口で相談したり手続きが可能です。ココが非常に大きなメリットだと思います。

楽天銀行のフラット35に惹かれたワケ

YUKA160322290I9A4691_TP_V

楽天銀行の良いところ

  • 手数料が安い 最安で1.05% (5000万借り入れで約50万円)
  • 常に業界最低金利
  • 楽天ショップ 楽天銀行との提携で様々なメリットを享受

手数料の安さは破格です。

私の場合、生命保険や収入保証保険に入っていることと、
なかなか支払い不能判定が出ないという口コミを見て、
住信SBIにはあまり興味を持ちませんでした。

興味があったのは手数料含め、総額をいかに押える事が出来るかです

常に業界最低金利を実現させ、かつ破格の手数料の楽天銀行は今でも逃した事を後悔しています。


実は楽天銀行、私一度審査に落ちたのです。でも、その後一番厳しいと言われる三菱UFJ銀行の審査に通ったので、何か入力ミスがあったのではと思い、再度やり直したところ、通りました。しかし、タイミングが間に合いませんでした。

ネット銀行の落とし穴はここにあります。

ネット銀行はなぜ安くできるのか?それは、窓口を持たないからです。手続きにIT技術を使い簡素化しているからです。

デメリットは、

  • 相談する際に少し面倒 基本はネット
  • 審査に時間がかかる
  • web上で専門用語ばかりの内容を入力したり、必要な資料を郵送したりという手間

特に、審査に時間がかかるのは、本当にお気をつけ下さい。私はこれで、50万円以上損した事になります。

これから住宅ローンを決める方にアドバイス、下手な鉄砲数を打て!

とにかく、気になるローン会社があるのであれば、迷わず仮審査を受けてください。住宅ローンは、売買の締結まえまでに本審査が終わっていないと行けません。審査に通る通らないばかり気にしていますが、タイムライン仁摩に合わない事と、審査に落ちる事は、価値としては同じです。住宅ローン一括審査申込は、面倒でもやり遂げましょう。

いかがでしたか?審査に落ちることはプライドが傷つくと思いますが、しょぼくれて時間が過ぎて、さらに奈落の底に落ちる事を考えたら、めげずにどんどんトライすべきです。必要書類の手間等はありますが、仮審査は無料で、制限もありません。

 

ちなみにARUHIですが、そんなに強く後悔している訳ではありません。既に手数料払ってしまったのもありますしね泣

がんばってください。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村