家を買うのは、不安ですかね?

 

注文住宅を年収の5.5倍のローンで購入した私が言うのもなんですが

 

家を買うと言うのはリスクでしかありません。

 

平均すると、家を買う事で6800万円くらいの出費となるようです。

 

サラリーマンの方の中で、お金を貯める、財を成す、資産を運用する ことを人生のプライオリティとしている方は、購入しない方が良いでしょう。

 

20年以上の住宅ローンを組むと言うのは、年収が今の水準をその期間維持、もしくは上昇する事を前提にした制度です。

 

住宅ローン以外に、子供がいる場合は年々増えていく養育費、教育費も視野に入れないと行けません。

 

加えて

 

東日本大震災、阪神大震災、そして、今回の大阪の地震のようなリスクもあります。

 

高額の出費に外的リスク・・・

 

 

家を買うのはリスクだらけです。

 

不安。でも私は、家を買いました

 

そんな状況なのに私は家を買いました。

 

理由は

 

 

欲しかったから

 

です。

 

世の中には バイクが好きな人、車が好きな人、洋服が好きな人など、様々な方がいらっしゃると思いますが、そんな好きな方達に、「購入しないでレンタルでも良いのでは?」と言っても、購入しないと気が済まない方もいらっしゃるでしょう。

 

私は家を自分の物としたかったのです。

 

リスクを承知で、欲しかったのです。

 

他に理由はありません。

 

家が欲しい、ローンを組みたいけど不安だと言う方へ

不安な理由は何でしょうか?

  • 今の給与水準が長期的に保てるか不安
  • 外的要因で収入が途絶える、減少するような事があるかもしれない
  • 病気で働けなくなるかもしれない
  • 転勤の可能性

これらの不安は、考えても仕方の無い部類に入ります。

給与水準は自分の実力であげて行くもの。英語の勉強をしたり専門性を身につけたり、毎日正しい努力をしていれば、あとはどっしり構えて毎日を過ごすだけです。

 

外的要因 地震やリーマンショックなどのアクシデンタルな事は、考えても仕方の無い事です。

 

病気で働けなる可能性 禁煙したり食事を考えたり運動したり、すべき事を実施したらあとは天命と思えば良いのではないでしょうか?

 

転勤の可能性 転勤の無い会社に行くか?会社と交渉するか。悩んでいる方が多いように感じますが、悩むまでもありません。

 

この他にもたくさんありますが、考えても仕方の無い事に時間を割くのは人生で一番無駄です。

 

すべき事をして、悩まない。

 

家を買う際にしっかりと考える時間を確保すべき事

人生のマネープラン

現在の家族の年齢を打ち込めば、子供がいつ、小学校、中学校、高校、大学に入学するかは明確に分かります。

自分がいつ定年か?妻がパートでどのくらい稼げるか?年金はいくらくらいになるかも予測できる事ですし、計画的に行動できる事でもあります。

 

そういった表を作ってみると、自分はいくら住居にお金を使えるのか、だんだんクリアになってきます。

 

あれこれ悩まれている方は、一度コレを作ってみると、結構すっきりします。

 

住宅ローンシュミレーションを冷ややかな目で見る

 

住宅ローンシュミレーションはそんな意見もあるなと言う感じでとらえてください。

 

彼らはお金を貸したい訳ですから、上限も、条件も一番良い数値を出してきます。

 

年収を入れて、借り入れ上限金額を確認してみてください。

 

こんなに借りてよいのでしょうか?という数値が出ると思います。

 

物件の予算を入力して、毎月の支払金額を確認してみてください。

 

こんなに少なくていいの?と言う数値が出てきます。

 

住宅ローンシュミレーションは、「俺を気持ちよくしてくれてありがとう」くらいの冷ややかな目で見ておいてください。

 

言うがまま購入したら、大変な事になります。

 

マンションなら+3万円、戸建てなら+2万円

 

この数値は、固定資産税、(都市計画税)修繕費、共益費、管理費、駐車場代などの金額の平均を考慮した数値です。(目安)

特にマンションの場合は、修繕積立金や管理費、駐車場代は強制ですのでご注意ください。

家賃と同じ金額で資産が手に入りますという数値に、必ず上記の数値を毎月分として加算した上で検討してください。

 

住宅ローンを自分で検討する

まず基本の概念を

収入が多い→変動金利を検討
収入が多くない→固定金利を検討

現状超低金利でこの概念が崩れているのが気になりますが、、、

 

あくまで自己責任で判断してほしいのですが、住宅ローンは自分で探して自分で仮審査を申し込んでおくことを推奨します。

 

良くあるパターンが、工務店やハウスメーカーの提携している銀行にせざるを得ない場合です。

 

住宅ローンと言うのはタイミングが命。住宅ローンには申請 仮審査 本審査 承認と言う流れがあります。

 

支払日までにそのすべてが終わっていなければどんなに金利が低くても対応できません。

 

そこを逆手に取って、中堅、零細ハウスメーカー等はローンの話をぎりぎりまで出さなかったりします。

 

気になる住宅ローンは自分で検索して仮審査を通しておくべきでしょう。

 

少なくとも、提案された住宅ローンと自分で調べた住宅ローンの条件を比較するくらいの攻めの姿勢が必要です。

 

最近すごいなと思っている住宅ローンはじぶん銀行の住宅ローンです。

 

金利が業界最低金利でありながらも、団体信用生命保険料込み。
一番の注目はがんになった場合の対応。

ここが他社と比較してずば抜けてすごいです。

 

がんと宣告されただけで、住宅ローンが半額になります。

 

他社の住宅ローンに付随しているがん保険って、良く読むと、就労不能になって1年後から対応など、ケースとしてはなかなかレアな状態にならないと免除等のバズーカが発動されない物がほとんどのなかで、じぶん銀行
は、宣告された瞬間に半額になると言う、金利なんてどうでも良くなっちゃうくらいの破壊力を持っています。

気になる方はご自身の目でご確認ください。お金の情報は、自分で確認して自分で判断して決断しないと駄目です。
じぶん銀行

現在の出費を見直す

乱暴なことを言えば、

  • 生命保険を掛け捨てに変更する
  • 携帯電話を格安携帯にする(楽天カード×楽天モバイルで無料も)
  • マネーフォワードでお金の流れを眺めてみる
  • 車の購入計画を中止する

4つ当てはまる方は、全て上記の通り実施すれば、年間軽く100万円は節約できます。

電気をこまめに消すとか、冷蔵庫のあけている時間をどうのとか、そんな節約は心を狭めるだけなので、実施しない方がましです。

100万円の節約は130万円以上の年収増に匹敵し、毎月の手取りが10万円近く追加される そんなイメージです。

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

消費税増税を考慮する

さすがに今回で4回目の増税。消費者も増税後の方が物価が安くなる事を知っているので、駆け込み需要もさほど大きくはないでしょう。

しかし、世の中にはまだまだそういった流れに翻弄されている方々がたくさんいますので、住宅の駆け込み購入はある程度あると思われます。

次回の消費税増税は2019年10月です。各メーカーはそれを元に、2018年夏あたりから、いつまでに○○しないと間に合いません 的なキャンペーンを打つ事でしょう。

そのキャンペーンに乗るのも良いですが、乗るならすぐに乗ってください。

もしくは、今購入のアクションを起こす事です。

今じゃなければ、2020年過ぎてからの購入か。

とにかく、大多数の方と同じ考えで行動しては行けません。

混雑、質の低下、物件の減少等、良い事は一つもありません。

 

いかがでしたか?

私は家を購入した事で

  • お金の勉強ができました。
  • マネープランを作成した事で、お金の使い方にメリハリが出ました。
  • 節約ではなく構造改革をしたので、無理なく貯蓄できています。
  • 子供三人、毎日周囲を気にする事無く家中走り回っています。
  • 庭に芝生を植えたり、ウッドデッキでコーヒーを飲んだり、人生の充実度が桁違いに上がりました。
  • 地域に覚悟を決めて入り込む事で、新たな人間関係が構築されました

毎日充実しています。

家を購入して、後悔は一度もありません。

 

私は家を購入する際に、ネットでいろいろ情報を集めていたら、とにかく、破産やら一家離散やら、ネガティブな情報ばかりでした。

本当は家を買う自分の背中を押してほしかったのに・・・。

世の中に、家を買う事に対してポジティブな記事が少ない事を憂う。

そんな思いで、今日は記事を書いてみましたとさ。