冬の芝生 姫高麗芝の手入れ

姫高麗芝は暖地芝なので、冬は雑草とりだけで後は何もする事は有りません。

しかし、この時期にちょっとした手入れをしておくと、春先にスタートダッシュを切る事が出来ます。

肥料をあげずに春先に緑になるスピードを上げる為に、どんな対策が有るのでしょうか?

シートをかぶせると芝生の成長が促される?

私の庭は、一部が自転車置き場になっています。電動自転車を置いていたのですが、雨対策の為に、自転車がすっぽりかぶる大きさのカバーをかけています。

するとどうでしょう。常に自転車を置いている場所だけが、真冬でも緑を保っているのです。

自転車のカバーが、冷たい風から芝生を守っているようです。

芝生の緑をキープし、春先も幸先の良いスタートを切る為に

ご承知の通り暖地芝は10月くらいから枯れ始め、冬場は完全に休眠状態になります。茶色の芝生は、何とも寂しいものです。

それを回避する為には、オーバーシーディングをするか、栄養が含まれた着色剤で芝生を着色するかの2択になる訳ですが、もう一つ対策が有るとすれば、上からシートをかぶせる方法です。

こうすれば、休眠期にしっかりと芝生を休養させながらも若干の緑を保ち、なにより春の芽生えにむけて、良いスタートが切れるといういい事尽くめです。この方法は、効果が未知数でしたが、自転車カバーのおかげで、相当の効果がある事が分かりました。

 

いかがでしたか?

早く夏の芝生の緑に再開したいのは、芝男の共通の想い。
こういった丹誠込めた一つ一つが、おとなりさんに負けない綺麗な緑を作るのでしょうね。

 

 

情報収集をより効率的にできるよう、下記のリンクも用意しました。
是非、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 芝生・芝生管理へ
にほんブログ村