500円玉貯金2年目の私

2年前に始めて実施した500円貯金。ウッドフェンスの材料費用をまかなうため、せっせと積み上げた500円は、1年間で9万8千円になりました。

500円玉貯金って、実は2回目なのですが、500円玉貯金って、結構疲れます。

500円玉は意識しないと手に入りません。

同じ缶でも、満杯になった場合、100円玉なら3万円、500円玉なら10万円 といわれれちゃうと、10万円(500円)を選択したくなりますよね。

でもね、500円玉って、意識しないとなかなか手元に残らないのです。

幸運にも手に入ったとしても、便利なんで、使っちゃうんですね。

こうなると、なかなか缶がいっぱいにならず、途中で挫折しちゃうなんて方も多いのかな。

500円玉貯金缶 パンパンにしないと、10万円に届きません。

もう、一枚も入らない・・・

そんな状態にして郵便局で数えてみたら、8万9千円・・・

これが、1年目の失敗でした。

もう、一枚も入りません!!!っていう状態から、振って、スペースを作って、無理矢理押し込んで、さらに振ってを繰り返し、やっと10万円超えてきます。

100円玉貯金はとってもスムーズ

500円玉貯金と同時に、ためしに100円玉貯金も追加した今年は、100円貯金の破壊力に圧倒される事となります。

まず、100円玉はサクサク貯まります。500円玉が半分に満たない時に、遅れて始めた100円玉貯金は既にゴールしてしまいました。

100円玉はとにかく貯まりやすいので、缶の中がすごい勢いで埋まっていきます。それが、モチベーションとなり、高い確率で継続できるのです。

 

最近はイヤラシくないデザインが主流

100円玉貯金 預入時のうれしい誤算

100円玉自体が500円に比べて小さいからでしょうか?缶の中で、よけいな隙間を作らずに、落ち着いてくれるようです。

100円玉で満杯になったら3万円 という缶を購入して貯金していましたが、何と換金時 42,200円。

確かにパンパンに入れましたが、さすがにここまで入るとは。

しかも貯まるスピードは500円の3倍以上のスピード。これは楽しいです。

楽天ポイント生活を始めてから、狂い始めた小銭貯金

実は昨年末より、我が家は楽天ポイントの還元率に目を付け、全てを楽天カードで切るようにしています。

そこで貯まったポイントを、夫婦の楽天モバイルのスマホ代に充て、スマホ代金を無料にしています。

ついでに言うなら、ちびのミルク代、おむつ代、私のビール代も、全てポイントでまかなっており、記載された品目は、今まで現金で購入した事はありません。

そうなると困るのが、小銭貯金。

500円なんて、天然記念物級に手に入らなくなってしまいました。

それでも、100円玉はあまりペースを落とす事無く貯まっています。

現金しか利用できない場所が存在する限り。

100円玉貯金は1年以内に必ず満タン目標 がおすすめです。

期間は1年で設定しましょう。

1年以上かかると、缶がホコリだらけになります。

不思議な物で、ホコリだらけの貯金箱は、貯まっていかないし、お金を投入しようとも思わなくなるんです。

だから、1年で目標設定してください。

私のおすすめは、

  1. 家に帰った時にある100円玉は無条件で全て缶に投入
  2. それ以外の硬貨は使い尽くす。
  3. 半年で貯まってしまったら、換金せず、もうひと缶購入

これができれば、年間10万円貯金なんて、誰でも可能です。

 

 

今ではこんなに便利な物も登場しています。



毎日こつこつ積み上げる

積み上げた物が投資にまわせる。

缶の中に貯まっているお金が、働いてくれるということ。

まさに、おつり貯金の究極です。