なかなか聞けない注文住宅 お金の話

注文住宅を建てた方の本音は、なかなか聞けないのが実情だと思います。

ただでさえお金の話はあまりしない国、日本。家の費用なんて聞き出すのは至難の業。

一方で、ネットの意見は、実際に買った事の無い評論家的意見や、アクセスが欲しいだけの記事、宣伝目的の記事ばかりで信用ならない。

そこで今日は、注文住宅を検討している貴方の為に、私の経験を具体的数値と共にシェアしたいと思います。

注文住宅 頭金編

  1. 無し、もしくは250万円未満    35%
  2. 500万から1000万                17%
  3. 1000万から1500万                   14%

超低金利のこの時代、頭金は不要という意見もありますが、頭金は、あるに越した事はありません。私は200万円でした。

家を買う際は、手数料が物件価格の7%くらいかかります。私は注文住宅購入準備金として、600万円くらい準備しました。これが頭金だと思っていたのですが、そうではなかったのです。手数料という存在があるのです。

ちなみな私は手数料400万、頭金200万でした。600万貯めたので、600万円を頭金として出せるかなと思ったら、手数料諸費用で、その多くが飛んで行きました。

親からの援助編

  1. 無し6割
  2. あり3割

少し安心しました。上場企業を勤め上げ、絵に描いたような老後生活を送られているリタイア世代は、さほど多くないという事ですね。

無いのが普通。なのです。

 

住宅ローンの金利のタイプは?

  1. 変動型 48%
  2. 固定型 26%
  3. 固定期間選択 12%
  4. 固定変動ミックス 8%

 

私は固定にしました。

イギリスがEUから離脱し、首相が退陣を表明しました。そしていきなりユーロが対ドルで乱高下し、金利が一気に上昇した事もありました。これらのスピード感を見たときに、僕は固定にして良かったと思いました。

今のところ金利は低めに動いていますが、どうなるかなんて専門家でもわからないんです。

ディズニーランドも客数減、 マクドナルドも苦しんでいます。東芝も苦戦し、三菱重工も大変。電通も働き方が大きく変わろうとしています。

最低金利だって、どうなるかわかりませんよ。

 

私は仕事が手に付かないほど迷ったあげく、無理して固定にしました。

注文住宅の住宅ローン 毎月返済額編

  1. 8万円から10万円       30%
  2. 6万円未満                 43%
  3. 10万円から14万円     20%
  4. 14万以上                  10%

ローン支払い金額は少なめ。これは、頭金を十分準備したか、親からの援助か、土地は親からもらって、建物だけローンか、地方の価格差が反映されたか。

様々な理由があると思いますが、意外に低く抑えているなという認識です。

私は固定14万です。

注文住宅 建築費編

  1. 2000万から2500万 24%
  2. 3000万から3500万 17%
  3. 2500万から3000万  16%

土地、外構費用は抜き,建物だけの金額です。

結構しますね汗。

我が家は29坪で2200万です
大手で29坪3000万弱くらいでした。地元の工務店だと安く済みます。
この金額を見て、大手はあきらめました。

建築費は材料費と人件費の高騰で、最近5年間で500万くらい値上がりしています。

低金利の裏で、資材高等で価格上昇している。これは事実です
3年で2回ほど値上げしている大手もありました

 

いかがでしたか?

人は人。色々な家族のカタチ、経済のカタチがありますので、あくまで参考程度に。

私は土地2200 建物2200くらいでした。

地元の工務店です。

土地から購入する場合は、購入する場所とハウスメーカーの掛け算で総額はコントロールできます。

一番高いのは都心の土地×大手ハウスメーカー、安くしたければ郊外の土地×地元工務店。1000万以上差が出ます。

 

注文住宅で幸せ家族生活は、皆様の持ち家ライフをサポート出来るサイトであり続けたいと思っております。

 

下記サイトは、注文住宅をご検討の方にはとても有意義な情報が集まっていると思いますので、ぜひご覧ください。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村