戸建てから、注文住宅に気持ちが変わる時

当たり前の事ですが、今、注文住宅に住んでいる方は、注文住宅にメリットを感じたからこそ、注文住宅という選択をした方々。まずはどんなメリットを感じて、戸建てから注文住宅に舵を切ったのでしょうか?

 

注文住宅、選んだ理由ランキング。なぜ注文住宅にしたのですか?

  1. 間取りの自由度 設備の自由度 65%
  2. 長く住む事が出来そう     36%
  3. 好きな場所に住む場所選べる  35%
  4. 予算配分を自分で決められる  28%
  5. 戸建て生活に憧れた          26%

全体的には、形骸化、画一化された戸建てに住む事に抵抗があるという事でしょうね。

1位の間取りの自由度ですが、間取りを自由にする為には、それなりの広さが必要です。

では、どのくらいの広さがあれば、自由に間取りを考えることができるのでしょうか?

 

注文住宅を建てる方の半数が感じる40坪境界線

注文住宅を建てた方の約半数が、132㎡以上の土地を希望しています。

これは、40坪です。

素敵な住宅街だなと思う場所は、最低面積というのが決まっています。

例えば、40坪以下の土地面積では売りませんよという決まりがある地域です。

そういった地域は、ある程度のクオリティが守られ続け、結果、住居環境としては落ち着いた雰囲気となって行きます。

そういう事実が関係してかどうかは分かりませんが、注文住宅を建てようと思う方の半数近くの方は、40坪以上を希望しています。

さらに、広々リビング、庭でガーデニング、ウッドデッキ、インナーリビングなど検討されている方々が自由に間取りを組む場合、やはりこのくらいは必要かなとも思います。

新築戸建住宅で40坪と言う物件は、全体の4%しか存在しませんので、なかなか出会えません。

40坪の土地で、25坪位の面積を使って家を建てれば、それはそれは広い家になります。残りの15坪は駐車場や庭です。40坪というのは、かなり贅沢な広さなのです。

土地代さえ押えれば、戸建てと同じ価格での注文住宅は十分可能

40坪にこだわるのであれば、駅から離れたところで土地を探してみたり、首都圏からはなれてみたりすれば、価格を抑える事が出来ます。

庭やウッドデッキで過ごす休日は格別です。日頃の疲れが吹き飛びます。若干通勤時間が増えても、十分、元が取れる物だと思います。

いかがでしたか?

注文住宅は自由な間取りが一番のメリット。

その基準となる広さは40坪です。