注文住宅、持ち家、そんな資金計画で買ってはいけない人
家賃と同額のローン支払いに惹かれてしまう人

 

「今の家賃と同じ支払いで、夢のマイホームが手に入りますよ」

この言葉は非常に怖いと思います。

わかりやすいテストをします。

  1. 新築マンションのチラシを用意してください。
  2. 細かい字で書かれている部分をさらっと読んでください。
  3. 特に、物件価格の後の数字に注目してください。
  4. 管理費、修繕積立金、駐車場代金、合計したらいくらになりますか?

修繕費や管理費の頭金も一度とはいえ30万前後必要ですが、毎月管理費、修繕費、駐車場台で2万円から4万円くらいになりませんか?これは、ローン返済とは別です。加えて火災保険、団体信用生命保険が別途かかります。さらに、固定資産税、場所によっては都市計画税がかかります。

3000万くらいのマンションでも、少なくとも年間50万、月間4万くらいはローンとは別のお金が必要です。

賃貸なら、2年に一度の更新料と保険くらい。固定資産税も不要です。

注文住宅、戸建ての場合は、若干下がります。駐車場代が無料なのと、修繕積立金が強制ではないためです。とはいえ、修繕積み立ては必要です。

家賃と一緒の住宅ローンは、ある意味嘘なのです。

注文住宅、持ち家、そんな資金計画で買ってはいけない人その2 住宅ローン減税を当てにしている人

今度はこの先10年スパンで見てみましょう。

固定資産は優遇期間があり、その期間がすぎると少し税金が上がります。

フラット35Sの方は、5年、10年のいづれかで金利優遇期間がありますので、優遇期間が終わると、毎月の支払いは上がります。

変動金利の方は金利上昇の準備が必要です。

平均して毎年30万、10年で300万弱の貯蓄は、こう言った近未来の支払いに適しています。前倒し返済、ローンの借り換えの手数料などへの支払いにも適した金額です。

このお金が、毎月の支払いや固定資産税に向けられた資金計画は危険です。10年後にはなくなる臨時収入です。無いものと考えるのが良いでしょう。

注文住宅、持ち家、そんな資金計画で買ってはいけない人その3 家計の見直しをまだ実施してない人

  1. 携帯代金月5千円以上の方
  2. 保険に毎月2万円以上支払っている方
  3. 水道光熱費が3万円以上の方

家計の見直しが必要です。

注文住宅や戸建て、マンションへなどの購入時は、おそらく今お住いの家より大きくなるでしょう。水道光熱費も、そのままの使い方ですと、かなり上昇します。

携帯はymobileなどの格安携帯で十分。夫婦で変えれば簡単に少なくとも5万以上年間で節約できます。

いかがですか?

念には念をいれて家計を見直し、自分たちの限界値を知り、その上で余裕を持った物件選びをする。少なくともセールスマンの甘い言葉を聞き流せるくらいの余裕が無いと、危険です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ