こちらのページにたどり着いた方、おめでとうございます。

なぜこんなことを言うのかと申しますと、私は家を購入する際、webで調べていた時、ほとんど「実際に家を購入した生の声」を反映させた記事にたどり着かなかったからです。

改めて検索してみると、

  • 結局、家の売買の広告の記事にたどり着く
  • 結局、資産価値が無くなるから買うなという話に行き着く

買いたいと思っていても、それをなかなか後押ししてくれる記事が無い。

なにより、結局は広告で、生の声を聞く事が非常に難しい。

僕はこの記事には広告を貼りません。

実際に家を買った、生の声をお届けします。

今日は、「家を買ってはいけない」に反論します。

「家を買ってはいけない」資産価値の事ばかり

家を買っては行けない理由のほとんどは、新築大好き日本人は、高い買い物をさせられ、かつ、住み始めてすぐ売ると、購入金額の半額になってしまう。というもの。

相続税で50%も持って行かれる日本の税制の中に生きているのに、そんなに資産残したいですか?

そんなにどうなるか分からないうん十年先の老後の心配して、楽しいですか?

大事なのは「今」です。

どんなに資産が目減りしようと、子供が小さいうちに、家族みんなで楽しめる家を買う

そこに価値があるのです。

多額の借金をする見返りは「今を楽しく生きる」事が出来ることです。

家を買ってはいけないに反論「帰ればお気に入りの空間」が待っている。

人生の時間のうち、半分は仕事、半分は家での時間。

今は半分以上仕事でも、仕事しなくなれば半分は家での時間。

お気に入りの空間を作り、ローンを組んで自分を奮い立たせ、より条件の良い仕事が取れるように精進する。

こうすると、仕事も家も充実してきます。

家を買ってはいけない に反論 子供がのびのび暮らしている

マンションに比べ、上階下階の方へ配慮をしなくて住むのは想像に難くありませんが、一軒家だからといって、闇雲に騒いでいい訳ではありません。

ご近所への配慮は必要です。

我が家はそれを見越して、パワーボードという外壁を使用しました。

これは遮音性に優れた壁で、外の音はほとんど聞こえず、中の音もほとんど外に漏れません。

断熱性のある内壁にすれば、快適性も保てます。

本当に音が外に漏れません。

私たちは、部屋のなかにいる子供たちに、静かにしなさいと注意する事はありません。

だから、子供は毎日のびのび、遊んでいます。

家を買ってはいけないに反論 独立採算性の自由度

これは家を買うといっても、分譲マンションの話になります。

分譲マンションを購入すると、ローンの支払いの他に、修繕費、管理費、駐車場代で平均3万円ほど、毎月支払う必要があります。

しかも、修繕費等は、マンションの組合で話し合って、どのように使うか会議がありますし、管理会社選定等の会議があります。

私、そういうの苦手なんです。

加えて、戸建ての修繕費の見積もりについてですが、一般的に多めに見積もられています。

どの記事も簡単に 10年で150万と試算していますが・・・

地域で交流していれば、業者さんとも巡り会えます。

絶対そんなにかからない。

家を買ってはいけないに反論 お金の勉強ができた

ローン返済計画、学費出費のタイミングと金額あたりは調べたり計算すれば確定出来ます。

そういった分かった事だけを整理して、人生マネープランを立てると、何をすべきか見えてくるんです。

私はこの計画を立てて、生命保険の見直し、携帯代金の見直し、ポイントが一番貯まってお得なクレジットカードへの変更等、矢継ぎ早に対策を施し、賃貸時代に比べて、年間100万円以上出費を抑える事に成功しました。

家を買ってはいけないに反論 外構工事を依頼せずに遊ぶ

外構工事を一切依頼せず、土むき出しの状態で引き渡してもらいました。

外構工事は私の遊び場。

半年かけてフェンスを作り、半年かけてウッドデッキを作り、半年かけて芝生を張り、今はウッドフェンスを作っていて、次は外の水道をおしゃれにしちゃう予定。

週末はやる事だらけ。

子供たちは、時には手伝い、時にはどっかに行き、楽しんでいます。

そういうのってDIY得意な人だからでしょ?

いえいえ、私、高倉健さんばりに不器用です笑。

家を買うと、人が変わるんだなと。

家を買っていはいけないに反論 外出が減る

賃貸暮らし時代、家族の暇を紛らわす為の外出、毎週末の外出が常態化していた我が家。

朝は横浜青葉で渋滞、夜は海老名で渋滞、足下見られた価格帯の食べ物を食し、疲れて帰り、夜ゴハンも買ったり食べに行ったり。。。

100キロ圏内の日帰り旅行でも、2万円弱は消費・・・

家でたくさんやる事があるから、外出なんて興味が無くなってしまって、子供たちも家に満足しているから、どこかに行きたいもと言わなくなってしまって。

今では外出、半年に一回あるかどうか。

2週間に1回、高速道路を使ってどこかに行っていた時代と比べると、今は年間60万円近くの出費をセーブしている事に。

家で過ごせば疲れもなく、月曜日を迎え、仕事も充実し。

なにより、気晴らしに行ったはずの小旅行、実際気持ちが晴れ晴れしたことがありません。

そういった人生の無駄もカット出来るのです。

家を買ってはいけないに反論 新たな趣味の発見

僕は無趣味でした。

庭に人工芝だと何だか寂しいという事で、何となく姫高麗芝を張ってみた所、おおざっぱな私がドハマりしてしまい、今ではかけがえの無い癒しの時間となっています。

また、住んでいる地域に本拠地を置くプロスポーツの観戦や、僕が大好きな高校野球の球場等、一生を共にするモノやコトに巡り会い、あっという間に明確な趣味が確立されました。

家を買ってはいけないに反論 ウッドデッキで心豊かに

こちらの記事をどうぞ 近日公開。

家を買ってはいけないに反論 家の中をよりおしゃれにしたい欲求が楽しい

家具を買うタイミングは、70%が引っ越しのとき。家を購入する時は金銭感覚が麻痺しているので、一気にそろえたくなるのが人の性。

でも私たちは家具は最初からそろえず、必要だと思った物をすこしづつ買うようにしました。

もちろんイケア。既製品だと楽しみが無くなっちゃう。

組み立て、あぁ楽し。

家を買ってはいけないに反論 地域と覚悟ある付き合い

おとなりさん、ご近所さんとはうまくやっていきたいもの。子供たちもたくさん戸建て同士の友達が増えました。人生の友人です。

お互い関係を良くしたい気持ちで交流するからこそ生まれる、古き良き日本のご近所付き合い。

地域との関わりも増え、利害関係のない、本当の人脈が広がって行きます。

家を買ってはいけないに共感 住宅ローンとお金の使い方。

人生にはメリハリと優先順位が必要です。

私は妻とともに、縁側のある庭付き戸建てを持つ事が夢でした。

平均的な収入である私たちは、十分な頭金を確保出来ませんでしたが、家にお金を投じている以上、生活を質素にする事だけは心がけています。

私は洋服に興味はありません、車は持っていますが、車種に興味はありません。

家での時間をどれだけ癒しの時間に出来るか。そこを追求する事が好きなのです。

家を買ったら、我慢の連続という話も耳にしますが、何かを我慢するという考えではなく、好きな物だけに集中し、本当に良い物だけを購入するスタイルを確立させれば、我慢という意識は減ります。

バイクが欲しいから、夜遊びを控える。

ここに我慢の概念は無いはずです。

家を買い、子供を私立に行かせ、ローンが終わったから新車を買い、なんて生活をしていたら今頃僕も苦しい毎日を送っていると思います。

家での生活に興味がある方は、色々セーブ出来るのではないかと思っています。

「我慢している」という意識はありません。好きな分野(家での過ごし方)で、本当に人生が豊かになる物だけにお金をかけています。

まとめ

もしあなたが、素敵な生活に優先順位を置ける方であれば、家を買うって言う選択は、全く間違いじゃありません。

一般的な考えと、自分の価値感が、情報化社会の中で、ごちゃ混ぜになってしまってはいませんか?

私は40にして、周囲の批判や考えよりも、自分の考えを確立して前に進む術を学びました。

お陰さまで、とっても素敵な毎日を過ごせています。

日々、是、感謝。