VISAゴールドに入会した理由の一つに空港ラウンジがあったんだけど

社会人5年目くらいになると、ゴールドカードに憧れたりします。私もその一人。

ゴールドカードって何だか優越感に浸れるからな。ポイントも多く付与されるし、なにより・・・

そう思って1万円前後の会費を払っている訳なんです。

実際には全ての支払いをVISAゴールドカードに集約する事で、約2万円くらいのポイントが貯まり、恩恵はすでに受けているのですが、いまいち使いこなせていない空港ラウンジ。

今日はそんなお話です。

ゴールド会員の空港ラウンジ、なんか変だぞ

クレジットカードがゴールドなら、空港でラウンジが使える

そんなことを言われると、チェックインした後の時間に、入れるラウンジは無いかなって探すんですけど、結局、ゴールドカード会員では入れない場所が多く、

と落胆する事が多いのです。

何で?入れるっていったじゃない

という訳で、一通り調べてみました。

空港のラウンジは大きく分けて2つある

  • 1つはカード会社が運営するラウンジ
  • もう一つは航空会社が運営するラウンジ。

ファーストクラスやビジネスクラスの方専用のラウンジは、もちろん、航空会社運営のラウンジです。

ここまではよくわかるんですが、もう一つ重要な点、それは、立地です。

  • チェックイン前のロビーにあるラウンジ
  • チェックイン、出国手続き後の搭乗口ロビーにあるラウンジ

この差は、実はデカいんです。

私のラウンジのイメージは、荷物を預け、チェックインし、手ぶらの状態で後は乗るだけというときにあるというイメージです。

しかし、カード会社運営のラウンジは、チェックイン前にある事が多く、見過ごしていたんですね。

全国の主要空港でのVISAゴールド利用可能ラウンジ一覧を作ってみました。

見ての通り、ほとんどが出発手続き前に・・・

これじゃ僕は満足出来ない。やっぱり本物のエクゼクティブにならないとダメなのかな・・・。

羽田空港のラウンジは格別です。

と思っていた所、先日羽田空港で良い思いをする事が出来ました。

何と羽田空港は、ほとんどのラウンジが出発手続き後にあり、ゴールドカードメンバーも利用出来るのです。

羽田空港を利用される方は、Visaゴールドで十分エクゼクティブ感を楽しめます!!!

ちなみにVISAゴールドカードのラウンジ利用は、国内限定です。

海外のラウンジには一切ラウンジサービスがありません。

我々は海外では虫けら扱いです。

でも、海外に行く度に、ラウンジ使いたいなぁって思います。

海外出張の日程はコスト最優先で非効率なスケジュールが多く、中途半端な時間が多くありがち。

早く空港に行って、ゆっくりしたいなって時もあります。

年会費1万円でプライオリティパスが手に入るカードが存在した

プライオリティパスって、ご存知ですか?

世界の高級ラウンジが使い放題になるカードです。

このカードをVisaで付与する為には、年会費は7万円近くします。
リアルエクゼクティブプライスです。

我々ペーペーには無理ですね。

プライオリティパスで利用出来るラウンジは、海外で最大級の力を発揮する一方、国内の力はそれほどではありません。

なので、出張が国内、羽田を主に利用される方は、クレジットカードのゴールドメンバーラウンジで十分です。

プライオリティパスで使える国内ラウンジ

意外に少なく、これしか無いのですね。

ただし、海外で使えるラウンジのランクは、ほぼ最上級。ファーストクラスラウンジもこのカードでパス出来ます。

年に1回、もしくは2回、海外出張があるのであれば、持っていても損はありません。

↓プライオリティパス 海外の主な空港で利用出来るラウンジ ほんの一例

もう、ラウンジの名前の響きが違いますよね。

これはほんの一例で、世界各国いろいろな国際空港でトッップクラスのラウンジが使用可能です。

このカード、入会してフリーで世界のラウンジを手にする為には、年会費399ユーロ必要です。

日本円で53000円。

しかし、

こんなラグジュアリーな体験を年会費たった1万円で実現出来るのが、

楽天プレミアムカードです。

楽天プレミアムゴールドは、ゴールドカードですので、上述したVISAゴールドで入れるラウンジは全て入れます。

つまり、楽天プレミアムを持っていれば、国内ではクレジットカードゴールド会員としてラウンジを利用出来、国外は付帯のプライオリティパスで、最上級のラウンジを楽しめるという、ラウンジを楽しみたい方にとっては、魔法のようなカードなのです。

しかも、その年会費が1万円。他社のこのサービス付帯では年会費7万円はします。

楽天で買い物すればポイントは5%ですので、生活費のすべてをカードで利用すれば、年会費1万円なんて簡単に元は取れるでしょう。

※楽天プレミアムカードに入会の後、プライオリティパスの手続きが必要です。そのままでは使えませんのでご注意を。

まとめ

国内空港利用が多く、かつ羽田空港メインであればクレジット会社系ゴールドカード。

海外出張が年に2回ほどある場合は、楽天プレミアムカード加入後、プライオリティパス申請。

海外が多い方は、間違いなく楽天プレミアムカードですね。

 

今から手続きすれば、年末年始の海外旅行に間に合うかな?