新築引き渡しのシーズンですね

新築引き渡しは年末と3月がピークだそうです。

新しい年は新居で。新学期は新居で。そういった思いがあるのだと思います。

高い買い物である家の引き渡し前の検査は、

「小さな傷すら見逃すもんかっ」

と肩に力が入ってしまいますが、果たしてそれが、施工主、施主、互いに良い結果となるのでしょうか?

引き渡し前に気になる 壁、クロスの汚れ

1番目につく不備が、クロスの汚れや傷。
確かに気にはなりますが、生活していけばいづれクロスには汚れや傷がつくものです。

柱部分やつなぎ目も、紙の収縮で隙間ができるもの。簡単に修復可能ですし、大きな問題でもありません。

新築でもクロスに隙間 これは欠陥住宅か?原因と対策

しかも、比較的低価格で張り替えも可能。そこに時間を割くのは、互いに無駄な時間といえるでしょう。

引き渡し前に気になる 床の傷

床は傷よりも傾きや盛り上がりなどを確認すべきです。傷は指摘したら修整剤ですぐなおりますし、壁同様、生活して行けば傷はつきます。

床は太鼓張と言って、中心が1番高く、外に向かって低くなっている場合がありますので、ビー玉が転がったからと言って、欠陥だと言うようなことは避けてください。

気になる方は、水平器を持参されてはいかがでしょうか?説明を受けながら確認されても良いかと思います。

確認してくださいと言われても、、外壁

見たってわからないです。傷があれば、後日メンテナンスで対応してくれます。

引き渡しチェックシートは、検索すればすぐにウェブ上で見つかりますので、必要な方は、そちらをご覧ください。

今日は、ここをみておけばよかったなと思うところを、経験者の目から記事にしたいと思います。

引き渡し前の検査で、確認すべき所

収納の取っ手の向き

打ち合わせしてなかった部分が、相談なく取り付けられていたのです。収納の折り戸の取っ手なのですが、自分が思った方向とは逆に開くのです。とても気になりました。

スイッチの、グリーンランプ

暗がりでスイッチを探す際に目印となる、スイッチ内のグリーンランプ。夜、やっとスイッチを探し当ててオンにしたら、

えっ、ここ?

と言う場所の電気が点灯するのです。

こう言った所こそ、引き渡し前検査で抑えておくべき視点だなと思いました。目で見るよりも、実際に生活している感覚で確認する事が大切ですね。

もう一つ、大切な視点はこちらです。

計画通りになっているか

私も大きな見逃しをしました。
雨水排水が、計画通りになっていなかったのです。

結果、雨のたびに家の周りが水浸しになって、エアコンの室外機も、水没しかけました。

引き渡し前の検査では、それぞれの設備が計画通りになっているか、業者と現場確認をお勧めします。

一つの家の建築には、数十社、数百人が関わっています。有り得ない事が起きても何ら不思議ではないのです。

いかがでしたか?

まとめると

  • 目で見えるものよりも、見えない部分
  • 実際に生活して使った目線でチェックする
  • 計画通りになっているか

なかなか難しいかと思いますが、担当者とじっくりポイントを絞って確認するのが吉ですね。