ハードウッド「本物の木」という選択。

我が家のウッドデッキはリクシルの人口木新商品「木彫」にしましたが、こうしてハードウッドを勉強していると、全部ハードウッドで良かったかな?と思ってしまいます。

お台場や羽田空港はなぜ、人口木ではなく、本物の木
(ハードウッド)を選択したのか?

それは、一般人の間での誤解が有るからではないでしょうか?

本物の木=ハードウッド=腐るという考え。

ハウスメーカーが安い木を使ってオプションで販売した近所の天然木のウッドデッキが、ことごとく腐っている事実を見るたびに、人口木がいいよねって言う事になるのですが、勉強して行くうち、それは安くてウッドデッキに適していないだけだという事が分かってきました。

ウッドデッキに適した木材って?

ウッドデッキに適した、硬い木って、有るんですね。

  • イタウバ
  • ウリン
  • バツー
  • イベ
  • サイプレス
  • マニルカバ

などなど。。。、

一番硬くて丈夫なウリン材やセランガンバツーなどの強い木を選べば、実は人口木よりも良い状態で長く使えるのです。

人口木は10年経っても腐りません、これは事実
でも色あせ、毛羽立ち、さびなどは発生します。

一方、本物の木は、硬い素材をしっかりと選び、正しいメンテナンスを実施すれば、10年後は素敵な味が出てくるでしょうね。



私はウッドフェンスをハードウッド、DIYで考えています。

本モノの木は、フェンスでまず勉強し、木彫に飽きたら、ハードウッドにしようかな?

今人口木ウッドデッキを検討中の方、もう一度天然木をご覧なさってください。

おわり

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 芝生・芝生管理へ
にほんブログ村