トランプ大統領で住宅ローン金利が上がる?

素人の考えですが・・・。

アメリカの金利が景気回復を受けて上昇する。
これは、アメリカ銀行と日本銀行が有った場合、アメリカ銀行の方が、金利が高い=利子が多いという事になります。

すると、人々はアメリカ銀行にお金を預けて、少しでも利子を得ようとします。

でもアメリカ銀行はドルしか扱っていないので、手元のお金をドルに換金したがります。

すると、ドル高になります。

ドル高になると円安になります。

円安ドル高になると、日本に取っては輸出が有利です。

アメリカに取っては海外製品が安く手に入る事になります。

強いアメリカを目指すトランプさん。そんな状況を無視するでしょうか?

おそらく、他国も金利を上げるべきだ。となりそうですよね。

世界で一番最初に面談した首相は安倍さんです。

トランプさんにそんなことを言われたら、何かアクションを起こしそうですね。

少しずつ、異常な低金利が是正されそうな雰囲気だなと思います。

私は経済の専門家では有りませんので、独り言と思ってください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村