芝生は種類によって、冬、茶色くなります。

多くの種類がある芝生。簡単に分類すると、日本芝と西洋芝という2つにに分ける事が出来ます。

日本芝は夏に強く、冬は茶色く変色して休眠期に入ります。

一方西洋芝は1年中緑を保ちます。一部西洋芝にも暖地芝はありますが、芝刈りの頻度が多い等、関東以南にお住まいの初心者には、難しい点が多々あります。

種類をまとめるとこんな感じです。

  • 日本芝 全て暖地芝(野芝、高麗芝、姫高麗芝、TM6など)
  • 西洋芝   暖地型(バミューダグラス、テフトンなど)
  • 西洋芝   寒地型(ベントグラス、ブルーグラス、フェクス、ライグラス等)

関東に住んでいる私は、迷わず日本芝を選びました。

しかし、冬場に茶色く変色してしまう事が何だか寂しくて、一年中緑にする方法を探してみました。

すると、

  • オーバーシーディング
  • 着色

という二つの方法がありそうだったので、難しそうなオーバーシーディングを実施してみる事にしたのです。

冬も緑の芝生に オーバーシーディング初体験

今日は実際にウインターオーバーシーディングを実施してみての感想を記事にしてみます。

実際にオーバーシーディングをやってみた感想

2017年10月にスタートさせたオーバーシーディング。12月にはこのように綺麗な緑に仕上がりました。

オーバーシーディングのメリット

  • ご近所さんに凄いと言われる。
  • 芝生の勉強ができる。

 

もっと楽しいのかなと思ったのですが、こんなもんです。

西洋芝も、やはり冬になると成長が止まるので、芝刈りの必要がないんですね。

私は毎週芝刈りが楽しめると思ったのですが・・・。

また、西洋芝も冬は少し色が褪せるというか、1月は特に、緑が薄くなるんですね。

なので、来年は、着色にしたいと思います。

2月からはいよいよ芝生管理シーズンの到来ですね。

そろそろ道具をチェックしておきましょう。