粘土質の土に芝生を張った、私の挑戦

天然芝を張ると決めたのは今年のはじめ。素人の私は、本を読んだり、ネットで調べたり、本当に通勤電車の中で勉強しました。

そのかいあってか、素人一年目にしては非常に良い状態を作る事が出来たと自負しています。

ただ、たくさんの試行錯誤をしました。

とてもタフでした。こんな遠回りは私だけで十分です。

今日は今年、私が行った芝生に対しての試行錯誤をまとめてみました。

皆様のお役に立てれば幸いです。

私の芝生の挑戦は、今年の1月の床土作りから始まりました。

反省点

  • 水はけを良くする為に、もっと砂を混ぜれば良かった
  • ローラーを借りてでも、徹底的に土を水平にすべきだった。

芝生を張ったあとは、床土を掘り返して修正が出来ません。

一番の後悔は、土を平らにする作業です。結構平らにしたつもりでした。しかし、芝生が成長するにつれ、水分を吸ったりするため、表面だけ水平だと、盛り上がったりへこんだりします。だから、本当にかっちかちに固めるくらいの水平さを求めれば良かったと後悔しています。

一度平らにしたら、ローラーでしっかりと固める。その上に薄く土を撒くようなイメージが良いかと思います。

これを怠ると、見た目は良いのですが芝刈り機がでこぼこに反応してしまい、深く刈ってしまう場所が出てきてしまいます。この事態は、綺麗な芝生の大きな障害になってしまいます。

目土で でこぼこ は修正は出来ますが、一度に撒ける目土が限られているため、時間がかかります。

芝生を張った後の水やりについて

芝生は張った直後は毎日水やりです。これも若干反省すべき点ですね。

床土作りと水やりの試行錯誤を記事にしたのが、こちらです。

姫高麗芝を粘土質の土に 床土作りと発芽まで

 

芝刈り機はバロネスが一番!!でも予算の関係でキンボシ でも十分です。

芝刈り機は電動と手動と両方試しましたが、圧倒的に手動が良いです。なんで良いかというと、手動の方が切れ味が鋭く、なにより芝生が喜びます=綺麗に仕上がります。

反省点は、1、2万円前後の電動芝刈り機。

これは芝生を痛め、仕上がりが汚くなります。電動は楽する為に買うのですが、これが意外にも、重さやコードマネジメントが大変で、まったく電動の恩恵を受ける事が出来ないのです。

そんな事を頭に入れながら、下記の記事を読んでみてください。

芝刈り機は絶対手動が良い理由とおすすめ商品

肥料はバロネスの肥料以外使わない事にします

肥料についての反省点は、安い物はそれなりだと言う事。効いてくるまでの時間や仕上がりで、大きな差が出てきます。

私は芝生の肥料はバロネスの肥料以外使わない事にしました。

キンボシで芝刈りし、バロネスの肥料で育てた姫高麗芝、おすすめ芝刈り機と芝生の肥料

image

一番苦労した芝生に生えるキノコたち。その撃退法はこれだ!!

5月に2、3本生えたキノコ。梅雨が明ければ消えてなくなると高をくくっておりました。

そのまま芝生のキノコは増え続け、最盛期には100本近くまで!!

放置してみたり、薬をまいたり、いろいろな事をしてみましたが、一番効果が出るのは、やはりこれでした。サッチをコントロールする事が一番大事なようです。

芝生のキノコ 撃退奮闘記

image

芝生の際を制する者は、芝生を制す

キワを綺麗にすると、床屋に行った直後のようなさっぱり感が出ます。これは芝生全体の印象をこれでもかというくらい左右します。

芝生のキワなんて、別にどうでも良いと思っておりましたが、普通の植木ハサミだと大変だし、芝刈り機は、届かないし・・・。これは困ったぞと。

そんな状況のなか、色々調べた記事がこちらです。

芝生の際(キワ)を綺麗に刈り込む、おすすめの道具

 

シーズンオフの芝生管理は目下勉強中です。

私に取って初めての冬越えとなります。まだ、秋までしか勉強していませんが、今のところ取っている対処法はこちら

秋の芝生管理 姫高麗芝に肥料を投与

 

今後もドンドン勉強して、芝生ライフを楽しみたいと思います

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 芝生・芝生管理へ
にほんブログ村


芝生 ブログランキングへ