今年の芝生は雑草に悩まされる

 

梅雨に入り、芝生に対して一番気を使う季節となりました。

 

人間は、雨が降ったら傘をさし、ぬれたらタオルで拭いて、寝苦しいよりはエアコンをつけたり、洋服で調整したりと

 

いろいろな事ができます。

 

もし、暑さ、湿気対策が、週に1回の散髪と、水を飲む事だけしかできない制限があった、人間でも体調を崩して病気になる事でしょう。

 

 

芝生は、手も足も無いのでそれらを自力でできません。

 

だから、人間のサポートが重要なのです。

 

私も、毎年この時期は、芝生に生えるキノコの被害に悩まされていたのですが、それはサッチングと農薬でしっかりと対策が確立されました。

 

 

雑草は、生えたところから毎年手で抜いていたので、この問題に悩まされる事は無いと思っていたのです。

 

そんな私が、今回、どうしてここまで悩んでいるのか。

 

そして対策は功を奏したのか?

 

芝生の雑草に悩まされている理由1 見分けがつかない

いままで生えてきた雑草は、明らかに芝生と違う形をしており、すぐに分かりました。

 

人間の中に、犬や猫が紛れ込んでいるような分かりやすさでしたので、

 

発見次第すぐに除去できました。

 

今年の雑草は、芝生と形状が似ていて、最初雑草だと気づく事ができなかったので、対策が遅れてしまいました。

 

 

昨年秋に始めてオーバーシーディングを実施した関係で、寒地芝と暖地芝が混在していた事も状況を悪くしました。

 

 

暖地芝、寒地芝、芝生のような雑草の3種類が混在していたのに、暖地芝と寒地芝の2種類の混在だと錯覚してしまったのです。

 

 

どれだけ分かりづらいかと言うと、こんな感じです。
ここにも雑草がまぎれています。

芝刈り前なので汚いですが、ご容赦ください。

 

↓この写真の中央が、雑草です。

 

 

 

芝生の雑草に悩まされている理由 その2 イネ科

雑草があると判断してから、すぐにホームセンターで除草剤を購入しました。

 

生えていた雑草を抜き取り、よく調べた上で対応する除草剤を購入したのですが、1ヶ月経っても何も変化が起きません。

 

ここで焦って、雑草を抜いてみましたが、根が張っていて、非常に重労働。

 

「これはマズい事になった」

 

 

と思ったのは、この時でした。

 

芝生は何科?雑草は何科?

 

 

芝生は基本的にイネ科です。

 

 

 

イネ科の芝生には危害を与えないけど、マメ科、カタバミ科 セリ、ナデシコ科には効果を発揮するような除草剤は、ホームセンターで良く見かけます。

 

これが、芝生用除草剤の方針です。

 

よって私も、「芝生を傷つけず、イネ科の雑草を除去します」と言う除草剤を購入しましたが、効き目がありませんでした。

 

 

困ったと思って最終的に見つけたのがこちらです。

 

 

イネ科だけでなく、いろいろな雑草に効果があるようです。

 

 

 

これは、私が苦しんでいる、オヒシバ、メヒシバと言われるイネ科の雑草に良く聞くと言われていります。

 

 

いかがでしたか?

 

 

除草剤の散布推奨時期は、本格的な成長が始まる前ですので、関東だと5月末までといわれています。

 

 

皆様も、芝生なりすまし雑草にはご注意ください。