芝を張る絶好の季節です

今年もゴールデンウイークが近づいてきました。

芝を張るには絶好の季節です。

自裁芝を春となったら、芝生をどこから仕入れましょうか?

家から近いと言う事で、ホームセンターでと言う方も多いかもしれません

私はあえて、ネット上での直販をお勧めします。

やっぱり、鮮度が命

今日はその辺のお話です。

ホームセンターの芝生 よく考えてみると

例えば、食品や洋服は、段ボールに入ってお店に納品されてきます。
ホームセンターでも。洗剤などの小物もそうですよね。

店員さんは、箱から商品を出して、より魅力的に見えるように陳列します。

でも、芝生の場合、重たく、その都度おろしたり、陳列したりはできません。

重たいし、人件費もかかるし、無駄だからです。

だから、ある程度まとまった量を大量にカートに積み、そのまま出荷し、カートのまま店頭に陳列されます。

お客さんは、その中から商品を選んで、購入していきます。

ある程度売れて、残りわずかとなったところで、発注をかけます。その段階にならないと、芝生は入れ替わらないのです。

入荷してから完売するまでには、時期によっては時間が必要と言う事になります。

その間、カートの中の芝生は、押しつぶされ、水も無く、土も無く、じっと耐える事になります。

やはりこの流通ルートは、芝生に取っては非常に厳しい環境と言わざるを得ません。

ホームセンターで鮮度の良い芝生を手に入れる

私は毎週ホームセンターには行くのですが、「この芝生、3週間目だな」というのは、見ていると分かります。

逆に、ホームセンターの芝生がカートいっぱいに山積みされていたら、鮮度ありの可能性が高いですね。

もしくは店員さんに、次回入荷を聞いて、その日に購入するとか。

残り半分とか、3分の一とかは、もしかしたら、入荷して時間が経っているかもしれませんね。

新鮮な芝生を手に入れたい時は、店員さんに聞いてから購入するのが良いでしょう。

後悔したくないなら、直販がいい

自分で芝生を張ってみて、ちょっと緑が足りない部分があるとか、根付かす、枯れる割合が多かったら、なんだか後悔しますもんね。

貴方の芝生がうまく行かなかった場合、肥料のあげ方、水やり、芝刈り、もしくは土など、考えられる要因がたくさん出てきます。

「もしかしたら、ホームセンターで購入した芝生のせい?」という要素が加わると、さらに面倒。

そういった要因は、消しておいた方が良いでしょう。

私は、部分的張り替えの時にはホームセンターの芝生を使う事がありますが、ベースとなる芝生は直販で仕入れています。

いかがでしたか?

良いところで育った芝生を、大切に運んでくれる業者を選び、愛情込めて育てた芝生は、言葉では表現できない癒しを、貴方の御家族に届けてくれる事でしょう。

私はそう信じて、庭へ芝刈りです。

本格的な芝生シーズンの幕開け、今年も楽しみましょう。