芝生の種まきをわざと適当にやってみる。○○の為に。

今年の秋はオーバーシーディングで初めての芝生の種まきに挑戦しました。

関東以南地域の方は、これから寒地芝生の種をまく方もいらっしゃると思います。

また、春先には全国で、いろいろな方々が芝生の種まき、芝生張りにチャレンジされる事でしょう。

ネットで芝生の種まきを調べれば、本を買わなくてもその手順はよくわかります。

最近は肥料や芝生の種のパケージの後ろに、丁寧に記載がありますのでそれで手順は分かります。

問題は、どこポイントがどれだけ重要で、そこを適当にしてしまうとどういった影響があるのか?芝生の種まきの手順のどこに、後悔、失敗の種が潜んでいるのか?はあまり書かれていないのです。

今回は、思いっきり適当にやってみて、どの項目が芝生の種まき失敗回避で注意しなければならないのかを検証してみました。

簡単に芝生の種まきの手順をおさらい

何も無い所にはじめて芝生の種をまく場合

  • 15㌢くらい耕し、石等を取り除く(結構大変)
  • 均一にする(これ非常に大事、時間かけてでも平らにする)
  • 熊手で軽く溝を入れる(やんなくても大丈夫)
  • 芝生の種をまく(撒き方重要)
  • 肥料を撒く
  • 目土で覆う
  • 上から踏み固める
  • たっぷりと水やり
  • その後2週間くらい毎日水やり 立ち入り禁止(これ重要)

オーバーシーディングの場合(適温時期のタイミングが重要です)

  1. 短く芝生を刈る
  2. 熊手で溝
  3. 芝生の種をまく(撒き方重要)
  4. 肥料
  5. 目土
  6. 踏み固め
  7. 水やり2週間連続毎日
  8. 立ち入り禁止
  9. 時期を間違う事なかれ 秋は最低気温と最高気温の中間が約15度の時期が適当。それを外すと育ちません。関東は10月中旬

全ての行程を適当にした結果、どうなったか

私は今回、オーバーシーディングです。上記の番号に沿って説明します。

 

1、芝刈りは常にちゃんとしていますので、短く刈り込みました。

2、熊手で溝なんて、溝が目視出来ないので途中でやめました。

3、種は花咲か爺さん、もしくは節分の気持ちで撒きました。

4、肥料も同じ感じで適当に

5、目土も同様 そもそも均等に目土ってとっても大変、僕嫌い。

6、踏み固め なし

7、水やりはさすがに毎朝、立ち入り禁止にもしました。

果たして、結果はいかに。

芝生の種まき 適当にやっても発芽した

15日くらいたったら、しっかりと発芽し、今では15㌢くらいまで伸びました。

ではでは、適当に芝生の種まきをするとどうなるのか?失敗 後悔ポイントをお伝えします。

芝生の種まき、ここを丁寧にしないと失敗後悔する

今回芝生の種まきを適当にやった結果、後々後悔したのが、種まき、目土です。

適当に種まきをした我が家の芝生は、飛行機の上から見る長崎県の五島列島のように生えている所と全く生えていない所が発生してしまいました。

私の感想は、思ったよりも密度が出ないなという事です。すこし種を撒きすぎたかな みたいな所がちょうど良かったりしました。

本では良く、追い撒きで修正します なんて簡単に書いてありますが、そのタイミングも重要です。

なぜなら15日かけて発芽し、はじめて種が不足している所を発見して追い撒きをすると、さらに15日、立ち入り禁止+芝刈り禁止となります。

そんな事しているうちに、冬となり、気温が下がる事で生育スピードに影響が出て、2ヶ月弱の立ち入り禁止+芝刈り禁止期間となってしまいます。

これは結構ストレスです。

私は追い撒きも適当に実施し、今度は目土をを適当にやってみました。

見事に発芽しません。もしくは発芽スピードが遅いです。

芝生の種、目土 均等に撒く為には機械の力を借りる

この商品は、種、肥料に使えます。目土は使えません

こういった機械は広い庭用だとばかり思っていましたが、とてもコンパクトでリーズナブル。非常に効果のある物だと思います。しかもハンディタイプなので収納にも困りません。

 

ちなみにこんな物も

こちらは目土には使えませんが、焼き砂でしたら対応可能です。スポット均等撒きには最高のマシーンです。

 

今回のように、あえて適当に芝生の種まきをして検証したサイトは他に無い事でしょう。

私の失敗、後悔を参考に、素敵な芝生を作ってくださいね!!!

 

では。