この記事は、秋、姫高麗芝に寒冷地芝の種をまいて、オーバーシーディングした際の種まきの様子です。

サラの土に芝生の種まきをした記事ではないので、ご注意ください。

 

初めての芝生の種まき、オーバーシーディング

二年前に暖地芝の姫高麗芝を張った時は、種からではなく、ある程度育った芝生を張りました。

芝生を粘土質の土に張る

暖地芝は春から秋にかけて緑になりますが、冬は茶色くなります。
反面、寒地芝は一年中緑ですが、夏に非常に弱く管理がとても大変です。

関東以西は基本暖地芝の方が多いです。夏が暑く、関東以西での寒地芝管理は大変だからです。(病気、夏枯れ、生育不足等)

10月台風1つ目が過ぎ去った十月中旬、私は人生初めてのオーバーシーディングに挑戦しました。

一年中緑の芝生に。オーバーシーディングとは?

オーバーシーディング後気温が上がらない。ピンチ

 

上の記事にあるように、手順は守りつつも、結構適当にこなした今回のオーバーシーディング。本日で種をまいてから10日がたちました。

オーバーシーディング10日後の状況

 

何とか発芽しました!!!

まだ、針が一本立っている状態。これは、根付いていない証拠。

長さは1日あたり0.5㌢ほどは伸びているのではないでしょうか?

すばらしい成長力です。

今後、芝生が根付いたら、足りない部分を追い撒きして、芝刈り開始です。

初めてのオーバーシーディング。今のところ順調でございます。