芝生管理で陥りやすいワナ

肥料もあげている、水やりもしている、芝刈りも欠かさずやっている。

にもかかわらず、生育が悪い場所がある、キノコがたくさん生えてくる、腐る、緑ではなく、茶色や黄色い部分が点々と

そんな現象が出ていて困っている方に、ぜひ読んでいただきたい記事です。

芝生の床土の表面で起きている現象

例えば、皆様の洗髪。仮に、一週間、洗髪をしないと、どんな現象が起きるでしょうか?

老廃物や油分、フケが、頭皮に蓄積し、頭が痒くなったり、何より頭髪の生育が悪くなりますね。

もしかしたら貴方の芝生にも、同じことが起きているかもしれません。

この、シャンプーを使って洗髪する行為は、芝生に例えると、サッチングとなります。

芝刈りをしているとどうしても細かい芝刈りかすが拡散されます。
その他、枯れ葉の破片や細かいゴミ等、表面上見えない部分、床土部分に少しずつ堆積していきます。

そこに気づかずに水やりをしたり、高温多湿の中で雨が降ることで、その堆積物が蒸れます。

芝生にとって大切な通気性が損なわれ、雑菌が繁殖します。

我が家の芝生がその状態に陥った時の写真がこちらです。

このキノコ、非常に生育が早く、夜全て撤去しても、12時間後にはこの有様。とっても苦労しました。

 

芝生管理のコツ 病気を防ぎ、生育を早めるサッチング

いろんな意味で効果のあるサッチング、どんな道具を使えば良いのでしょうか?

熊手で書き出すのが一番手っ取り早いのですが、これがまた、重労働。

個人的には、水やり、芝刈り、肥料やりの労力を100としたら、熊手でサッチングは140くらいです。

この労力40の差、夏場や梅雨時に非常に体に堪えるんです。

どうにかして楽な方法は無いかと探してみると、皆さん悩みは同じ、ちゃんと商品が開発されています。

サッチングマシーン

広い庭をお持ちの方は、間違いなく電動が良いでしょう。多少の重さはあるかと思いますが、搔き出す労力に比べたら断然楽です。

 

 

微生物の力でサッチを分解してしまう

これは非常に手っ取り早い対策です、微生物の力を借りて、サッチを分解してしまうという一品です。

農薬の割には割高ですが、それに見合う効果があります。ゴルフ場でも使われているようです。

 

芝刈り機の刃を取り替えてサッチングする

こちらは基本は電動芝刈り機なのですが、芝刈りの刃を替える事で、サッチングマシーンにもなってしまう優れもの。

芝刈りの性能自体も悪くなく、安物買いの・・・のような事態は避けられそうです。

サッチ除去はしたいけど、あまりお金をかけられない。
芝刈り機初心者で何を購入してよいか分からない。
しっかりと芝刈りをして、きれいな芝を作り上げたい

そんな方にとっては、コスパの良い商品ではないかと思います。

 

ちなみに私が初めてサッチングをした時の写真がこちらです。

わずか1平米くらいの範囲で、牛のえさくらいとれてしまいました。一見すると普通の芝生に見えても、搔き出した瞬間、こんなにも隠れていたのかと。

あまりにも驚きすぎて、今でも戒めの為にスマホに保管している写真です。

素人ながら芝生のトラブルに向き合い、試行錯誤しながら問題解決を地味に繰り返している私。ブログでお互い意見交換しながら、より良い芝生をみんなで作っていきたいものですね。