サッカー場やゴルフ場のように、冬でも緑の芝生を作る

我が家の姫高麗芝は、11月中旬から芝生が枯れ始め、2月末まで休眠期に入ります。

あんなに楽しい芝刈りが、期間限定なんて・・・

年間通じて芝刈りを楽しみたいな。

昨年は芝生管理1年目、少し様子を見たくて断念した冬芝管理。

冬でも緑の芝生の為に、オーバーシーディングをやるぞ

冬でも緑の芝生にする為には、枯れ始めた暖地芝の庭に、寒冷地芝の種を植える、オーバーシーディングが必要となります。

秋に枯れ始めた暖地芝を短くカットし、強制的に休眠期を早め、そこに冬でも成長する寒地芝の種をまきます。

春先になったら、今度は寒地芝を枯れさせ、元々あった暖地芝が成長させる事で、入れ替えを実施します。

この入れ替えの事を、トランジション(直訳で移行)と言います。

こうして一年中緑の芝生を保つ事を、オーバーシーディングと言います。

冬でも緑の芝生の為に。夏の終わりのオーバーシーディング

オーバーシーディングの手順をご紹介します。

時期(関東) 10月中旬

  1. 芝生への施肥を8月上旬を最後に投了。
  2. 芝刈り、5〜6ミリまで、超短く刈り込みます。
  3. 強めのサッチングでサッチ除去。地肌が見えるくらいまで強く
  4. レーキで、深さ4ミリ前後の溝を1㌢間隔で入れる。
  5. 必ず、オーバーシード用の種を購入して、撒く
  6. 1平米あたり、50グラム前後、種をまく
  7. 肥料を撒く
  8. 目土を少し厚め、5ミリくらい 撒く
  9. 毎日たっぷり水やり。芝の芽が2㌢強出てくるまで、立入禁止。
  10. 3㌢弱育ってきたら、お手入れ開始です。

必ずウインターオーバーシーディング専用の種を使用する事がポイントとなります。
オーバーシーディング専用種でないと、春先の切り替えに支障が出ます。

この種の写真、左上にWOS専用とありますが、ここが重要です。ウインターオーバーシーディング専用という意味で、暑さに非常に弱く、春先の切り替えがスムーズになるようにプログラムされた種です。

逆を言うと、年間通じて楽しみたい方は絶対に買うな という種で、購入時にその内容の確認チェック欄があるほどです。

その中でも、この「フェアウエイ2」という種は、初心者向き。

最初はこれで行きましょう。

もし自信があるようでしたら、こちら。

こちらも耐暑性は低く、発芽も非常に早い。フェアウエイ2が「発芽が最も早い」に対して、こちらは「非常に早い」位の差です。

オーバーシーディングに踏み切った理由、メリット

  • 芝生を深く勉強できる
  • 凸凹になった床土を一回リセットする。
  • エアレーションをとことん実施し、硬くなった床土を改善させる
  • 冬場も緑で芝生管理が1年中出来る

今回私がリスクを恐れずオーバーシーディングを実施する理由は、一度激しく刈り込んで床土を表面化させ、良質の床土を上からかぶせて綺麗に平らにしたい。床土を根こそぎ改善したいというのが、一年中緑を楽しみたいという目標とは別の、私の隠れた狙いです。

 

貴方の芝刈り機、5ミリの短さに刈り込めますか?

オーバーシーディングで秋にも春にも重要な事が、短く刈るという事。

でも、1万円前後の芝刈り機では、そこまで短く刈る事が出来ない物も。

手動芝刈り機は一番短い設定で10ミリです。

それ以下にするには電動を使うしかありません。

 

芝生の師匠に問い合わせた所、

という事でしたので、今年は手動芝刈り機、10㍉カットでオーバーシーディングを実施したいと思います。

サッチングに最適の道具とは?

ほとんどの方が熊手を使っている事でしょう。
しかし、安易にホームセンターで熊手を買ってしまうと、私の様に後悔します。

たかが熊手、されど熊手、サッチ用熊手は効率よくサッチをかき集める事が出来ます。

やはり、専用の熊手にはそれなりの意味があるのですね。

それと、芝生のサッチ取り、石と石の間とか、ウッドフェンスの基礎の周りとか、狭い場所が結構あるんですね。

こういった、幅調節出来る物の方が、重宝したりします。

肥料と目土も品質重視で

肥料も同じです。ホームセンターで手に入る肥料は安価です。

姫高麗芝成長期に私が使っているこちらの肥料。緑の濃さとスピードが、ホームセンターの肥料と、全く比較になりません。

粘土質傾向の我が家の床土 目土と目砂を混ぜています。

我が家はカッチカチの粘土質。そこを地盤改良して芝生を張りました。
その後も気を抜くと硬くなる傾向があります。

黒土で目土をすると、時間が経つと硬くなります。

この傾向は皆様の地域や土質と関係していますので、一概には言えません。

我が家は粘土質なので、すぐに固くなる傾向があります。

よって私は、目土と目砂を混ぜて、吸水性が落ちないようにしています。

この目砂、砂時計の中の砂。さらさらでクリーミー。

触ってみれば分かります。

混ぜている目土はこちらです。

オーバーシーディングは、私にとっても初めての挑戦。

内容を学び、必要な道具が分かっただけで、オーバーシーディングのプロではありません。

師匠(お会いした事は無く、メールでのやり取りのみ)曰く

良い勉強になると思いますのでチャレンするのも良いでしょう

とのこと。

私は、オーバーシーディングを検討しているが、なかなかチャレンジ出来ないという皆様の先陣を切ってチャレンジする所存です。私の失敗体験を覆いに行かして頂ければと思います。

 

今後以下のような記事もアップ予定です。

冬も緑の芝生に。オーバーシーディング初体験

冬でも緑の芝生の為に 初心者オーバーシード 結果編

今後の記事にもご期待ください。