住宅ローン戦争は行き着くところまで来てしまった。

 

住宅ローンは、どの銀行もサービス合戦状態。

金利を引き下げたり、ついてくる保険を充実させたりと、借り手にとって、うれしい事ばかり。

まずはそういった状況である事を認識しましょう。

今は圧倒的に、借り手の方が優位なんです。

 

たくさんの異性に、同時に告白された経験ありますか?

 

えー、

 

 

私はありません(笑)

 

何をお伝えしたいかと言うと、そういった時に必要なのが、判断基準や優先順位ではないかと思うのです。

 

判断基準が無いと、後悔した選択をしてしまいそうですよね。

 

住宅ローンは今その状態ですので、判断基準をしっかり持ちましょう。

 

住宅ローンは、営業さんがいい人だからとか、必要な時にたまたま目の前に現れたローンだったから、と言う理由で決めてしまうと、もったいないです。

 

住宅ローン選びの3つのポイント

 

金利が低いかどうか

住宅ローンを変動金利、固定金利で分けて、5社くらい調べてメモしてください。

 

価格ドットコムでも確認できます。

 

「大手だからといって最低金利ではない」と言うのがポイントです。

 

また、借りる期間、頭金の割合によっても金利が変わります。

 

まずは、金利を低い順に表示して、それぞれ中身を確認する。

 

借りる期間や頭金はそれぞれでしょうから、皆様に合った金融機関を5社くらい、メモしておくと良いでしょう。

 

ポイント→マークした銀行は紙に書き出す

 

団体信用生命保険、付帯される保険内容の確認

金融機関は、どんどん住宅ローンを借りて欲しいので、色々なサービスをしてきます。

その中でとても大きいポイントが、団体信用生命保険です。

念のため説明すると、ローンを組んでいる人が亡くなったら、残りのローンがチャラになる保険です。

私が住宅ローンを借りた時、団体信用生命保険代金は、がっちり別途、請求されています。

その金額、国産ミドルクラス新車1台分です。

毎年、1月にドカッと請求されるため、半年前くらいから意識していないと危険です。

それが今、団体信用生命保険代金、無料ですって言うローンが出てきています。

 

コレは大きいですよね。

 

金利を少し上乗せすると、団体信用生命保険が無料っていうローンもありますが、その会社にこだわりが無ければ、完全無料の方が良いに決まっています。

ポイント→先ほどの金利を調べたメモにこの情報を追加する

 

付帯される保険については、惑わされない事が大切かも

 

住宅ローンに付帯されているがん保険は、必ず調べてください。
コールセンターで聞くのも良いです。

 

「どういう時に、この保険が適用されるのか」

 

「がんになって、○○ヶ月以上入院して、退院したけど、就労不能状態が○○日以上続いた場合に、住宅ローンが免除されます」

 

あーーそれは助かる・・・

 

と思っちゃだめです。

 

医療が発展で、入院期間は短くなる傾向になっていますし、

 

そもそも、30代、40代で、上記の状況になる確率は限りなく少ない。

 

降水確率3%のときに、折り畳み傘を高額で購入して鞄に潜めておいて

 

雨が降った時に、ドヤ顔をする状況に似ています。

 

金利上乗せでコレがついてきます→即拒否

無料でついてきます→保留。

 

といった感じで受け止めましょう。

ポイント→先ほどのメモにこの情報も追加

 

住宅ローンの手数料比較も、忘れずに。

大きく分類すると、

  1. ネット銀行の住宅ローンは、借入金額の2.1%前後
  2. ソニー銀行、新生銀行などは、借入金額に関係なく一律で5万円前後

→仮に皆様が3000万円のローンを組んだら、

  1. 63万円
  2. 5万円

ね、大きいでしょ?

また、コレはどうにもなりませんが、銀行側が、この方は問題ないと判断すれば、手数料が少なくてすみますし、リスクが大きいと思えば手数料を上げてくる銀行もあります。

その幅、62万円から250万円

手数料をどのように設定しているのかも、大きなポイントです。

 

さて、メモした紙を確認してみてください。

 

ある程度絞れたら、その銀行のみを徹底的に調べ、自分に合ったローンを自分で決めてみてください。

 

そして、仮審査をどんどん出してください。

 

住宅ローンはタイミングも大事。支払日までに審査が終わっていなければ、どんなに良いローンも借り入れる事はできません。

 

最後に、

作成したメモの住宅ローンを調べた後に、こちらのローンも最後に確認してみてください。

もちろん、団体信用生命保険は無料です。

金利も常に最低金利を維持しています。

手数料だけ、2%と通常なのですが、

ここの無料でついてくるがん保険が、宣告された時点で、残りのローン半額、という、とんでもないサービスがあるのです。

三菱UFJ銀行と、KDDIが共同出資したじぶん銀行の住宅ローンです

 

住宅ローンは人生の半分近くの時間をともにするものです。

 

結婚と一緒ですから、自分の意志で、悔いの無い形で決めたほうが良いですよ。