住宅ローン家庭ではもはや常識の格安携帯

若干スピードは遅くなりますよ?若干つながり辛いなと思う時もありますよ?

住宅ローンの節約ポイントは、いかに安い金利で借りるか と 効果的な前倒し返済が出来るか?

毎年10万円浮かして、住宅ローン減税期間の終わる5年後、10年後にまとめて返せば、ローン金利分とあわせて、大きなアドバンテージとなります。

でも今日私がお伝えしたいポイントは、こんなどこでもある情報ではないのです。

格安携帯との合わせ技で、さらに大きなメリットを享受しようと言う、欲張り節約方法です。

我が家の通信費、格安携帯と??の合わせ技で大幅節約

まずは数値からどうぞ。

3年前 大手キャリア携帯とフレッツ光 通信費毎月29,000円

2年前 格安携帯会社とフレッツ光   通信費毎月14,000円

現在   格安携帯とモバイルwifi             通信費毎月10,000円

 

3年前に比べて、年間で228,000円も節約出来ています。


私が本日推奨するのは、格安携帯に変更し、家のwifiもモバイルwifiに変える方法です。

モバイルwifiが肝です、フレッツ光などといった大手様と契約すると、効果が出ません。

家にwifiを導入するメリットは、格安携帯のミニマム契約(毎月通信2GB前後)でも使い切りという事無く過ごせる可能性が高くなります。

 

夜帰宅後や、週末お休みの時の通信は全てwifiにする事で、格安携帯会社の最安プランでも月末に通信料オーバーでほぼ動かないなんて事が防げる可能性があります。

格安携帯会社広告、表示しているのは通信量最低価格

例えば、毎月2GBまでで1990。でも4GBだと 3990円・・・

たっぷりプランなら5990円・・・・

 

そもそも日本人、電車の中で病的なまでにスマホ見ています。

見ていてマジで気持ち悪いです。

古本屋さんで本買って読めば100円で1週間持ちますよ。

そういった隠れスマホ依存を見直す為にも、上限を設けてスマホをいじるのは大事です。

 

IIJmio(みおふぉん)

 

通信費節約の為に重要な要素は、まずは格安携帯会社の最低価格プランで決めることと、家をwifi環境にするという事です。

家をwifiにする。しかもモバイルで。

以前我が家はフレッツ光。毎月約7000円支払っていました。

それを2990円まで落としました。

そのヒミツは、モバイルwifiで家のwifi環境を作り上げたことにあります。



モバイルwifiのメリット

  • 家の電波状況  フレッツと変わらない
  • 家族旅行や仕事等でも持ち運んで使える
  • 毎月の使用金額が3000円台だったりする
  • 工事無しですぐ開通




まとめ

浮いたお金でbluetooth対応のスピーカーを買って、Amazonプライムに入って、音楽を流しながら素敵な食後です。

今日からAmazon-musicでドリカムが解禁となりました。アラフォーにとっては嬉しい限りです。