第三子が生まれ、子供手当を頂く時期になり。

6月末に第三子が生まれ生まれ、子供手当の第一回の支給が10月10日に迫りました。

これは大変ありがたい事で、子育て世代は不満を言う前に、今頂いている子供手当や、私立幼稚園補助金等に対し、まずは感謝しなければならないと思っています。

さて、早速子供の口座を作ろうと、家族のメインバンク、都市銀行で口座を作ろうかと思ったのですが、必要書類を持って行ったのに、子供の口座を作れませんでした。

周囲の友人に聞いても、初耳、というかたが大勢いたので、情報を共有させて頂きます。

 

子供の銀行口座を親が代理で作る際に必要な書類

 

  • 子供の本人確認書類
  • 手続きする人がその子供の親権者等、法定代理人であることが確認できる書類(住民票・健康保険証・母子手帳など(父、母等の住所・生年月日の記載がある本人確認書類)
  • 印鑑(シャチハタなどのゴム製印章不可)

利用目的などを聞き、場合により口座開設を断ることがあるとのWeb上での注意書き。

どう考えても一般的な人はここに当てはまらないと考えます。

私も、問題ないだろうと考えていました。

出生証明書や保険証、実印を持ってみずほ銀行に行きました。

ATMの所で聞いた所、書類を持参しているかどうか聞かれ、問題ないという事で窓口を案内されました。

ここまでは順調だったんです。

久々にイラっとした、大手都市銀行の対応

窓口のフロアに行くと、入り口にコンシェルジュ的な女性が出迎えてくれました。

子供の口座を作りたいというと、再度持参書類の確認がなされ、問題ないという事に。

そのやり取りの後です。

「どちらにお住まいですか?」

「勤務先は?」

「ご自身の口座の支店は?」

「なぜその支店なんですか?」

「ご家族の口座の支店はなぜ違うのですか?」

個人情報について非常に厳しいルールがあるこのご時世。

聞き方が完全に尋問。少しイラッとしてきました。

口座開設できるできないを濁して、もぞもぞする行員。

言いたいことを言ってやろうと想い、全て伝えました。

防犯カメラで一部始終を見ていたのか、上司が出てきました。

勤務先付近の支店で作って頂けると・・・

サラリーマンが午後3時までにオフィスを抜け出して、20分待って口座を作る事の大変さを理解されてないようですね。

 

・・・そういう事になります。

 

私もやっと大人になって、会社の仕組みが分かってきたので、怒鳴り散らしたり、理由を追及したり、もっと上の上司を呼べとか、会社に報告しておけとか言いません。

 

どうやら住所と支店の距離に関係があるようだったので、

もにょもにょ

 

 

大人になると、買い物や食事は、「気分よく」というのが満足の大きなウエイトを占めるものです。

私は気分が良くなかったので、「時間の無駄でした。しっかりとweb上にもこの内容を明記してほしい。であれば最初から来ない」と伝えて銀行を出ました。

もう一度記載しますが、webにはこのような記載があります。

利用目的などを聞き、場合により口座開設を断ることがあるとの記載。

勤務先付近か居住地付近以外は出来ませんって記載が必要では?

 

僕はレアケースなのかな?

子供手当にあわせた子供の口座代理開設時は、家か勤務先の近くの支店を

どうでも良いことを言えば、コンシェルジュ的な方がいきなり

「なぜご主人の口座は多摩支店なのでしょうか?」

という質問で、「こいつ」となっちゃったんですけどね。

お前らが大学の入学式当日にキャンパス内で勧誘してたからその支店なのに。

 

さておき。

 

子供手当を始めてもらう時は、大体ママも大変な時期である事が多く、パパが代理で口座開設する事もあると思います。

同じ想いをしてほしくないので書かせて頂きますが、

 

必要書類と印鑑を準備し、勤務先の一番近い支店か、自宅の近くの支店に事前に問い合わせてから行くのが良いでしょう。

ネットでの申し込みは、世の中の悪い奴らのせいで、記入事項やアップロード書類の数が多く、かつ、「込み合っております」という表示後に入力した物が全てリセットされる等、不便です。

ネット銀行をもう少しは見習えっ!!!

この銀行から全ての資金を引き払いたい。

 

そう思っていますがなかなかね。