テレビで見た事無い中国

皆様が目にする中国の映像は、北京か、上海がほとんどです。

重慶、成都なんて、そんなにイメージがわかない事でしょう。

でも、とっても魅力的な都市なんですよ?

今日は、そんな四川省、成都の魅力についてお話しします。

とにかく成都がお勧めな理由

成田から直行便も就航した成都。上海の空港からでも3時間程度のフライトが必要なほど、実は意外と西です。

そんな結構距離のある成都がおすすめの理由をいくつかご紹介します。

成都がおすすめの理由 ハブ空港、ハブ都市として

成都でしたら、中国で一番美しいと言われる観光地九寨溝と、水墨画でおなじみの桂林(グイリン)、また、チベット、ラサへのハブとして使えます。

日本総領事館がある重慶までは、東京と大阪くらいの距離感です。

成都がおすすめの理由 食事

旅に慣れていらっしゃる方は、地元の人の定食屋さん的なところに入ってみてください。

どこに行ってもおいしい。

逆に、高級レストランの方が、マズく感じます。

言葉がわからなくても大丈夫、マーボードーフ、チンジャオロースって言えば、出てきます。ご飯はミーファン。これでだれでも定食が食べられます。

半端ない辛さ、山椒を使った痺れのテクニックは四川料理の醍醐味。

本場四川料理を味わいたい場合は、火鍋、水煮牛肉、マーボードーフを注文しましょう。

「変態」とか、「狂」見た稲地がついている物は、現地人もしびれるほどの辛さを示していますのでお気をつけ下さい。

麻婆豆腐は、料理の鉄人で有名な陳健一さんの本店があります。陳麻婆豆腐本店とメモで書いてタクシーの運転手に見せれば大丈夫。

火鍋は、「火鍋 最辛 推薦」とかメモ見せれば、地元の人しか行かない穴場に連れて行ってくれるんじゃ無いでしょうかね。

辛い物を食べ過ぎると翌日おなかが痛くなる事がありますのでご注意くださいね。私の場合は正露丸を飲んでも気休めにしかならず、翌日は2時間くらいもだえました。

成都がおすすめの理由 イトーヨーカドー

四川の大地震の時に、成都のイトーヨーカドーは、中国政府と連携して緊急物資を無償で提供しました。物流も早期に立て直し、大変感謝されたそうです。

そのおかげで、成都のイトーヨーカドーは連日大盛況。

何が良いかというと、日本食が手に入りやすいのです。近隣には日本のレストランも入店していたりして、食べ物が合わないと感じた場合、ヨーカドーに駆け込むという緊急避難ができます。

例えば中国では卵は生で食べませんが、それに初めてトライしたり、納豆が手に入ったり、日本に売る予定だった物を逆輸入したりと、中国の山奥では絶対にあり得ないような日本食材の品揃えです。

困った時はヨーカドー。これは成都を強くお勧めできる理由の一つです。

成都がおすすめの理由 パンダ

パンダ繁殖基地が町の外れにあります。(成都大熊猫繁殖研究基地)

大量にパンダがいます。ここからパンダの映像が世界配信されています。

貴重なパンダがあまりにも大量に、一斉に飼育されているところを見られるのは、意外に貴重な体験です。

メリットは、見学以降、上野動物園のパンダに興味がそそられる事はなくなります笑

成都がおすすめの理由 三国志

三国志が好きな方にはたまらないのが、諸葛亮が祀られている 武候祠。三国聖地という大きな石碑があり、博物館もあることから、三国志好きの方には溜まらない所なんだそうです。

私のように三国志が興味なくても、赤い木造の作りで中が茶色の茶室のような、これぞザ、中国だよね といった場所やお土産屋さんもあり、十分楽しめます。

人の少ない喫茶店に入って、2階で景色を楽しみながら中国茶をよく飲んでいた思い出があります。

成都がおすすめの理由 伝統芸能

歌舞伎のような格好をして、一瞬で顔が変わる伝統芸能、四川川劇。この秘密は今でも一部限られた人物しか知らないという不思議な踊りです。ディナーショーのような感じで見る事ができます。

成都がおすすめの理由 ビューティー

四川省は中国で一番美人が多い所として、国内で有名です。夜、地元の人たちだけのクラブ等に行くと、モーターショークラスの素人が普通に不細工な男と飲んでいます笑

私の評価は、「カワイイ」の成都、「美しい」の重慶。

どちらも、本当にきれいです。

いかがでしたか?

中国四川省の気候は、一年中湿気が多めという事を除けばほぼ東京と同じ。

GWも、日本と同じで過ごしやすい時期となります。

上海、北京、香港、台湾はいつでも行けますから。

四川省、かなりおすすめです。