ある日、ARUHIの広告が家に届く

 

住宅ローン大手のARUHIが、スーパーフラット借り換えという新しいサービスを始めました。

 

特徴は

  • 2018年8月現在の金利は1.01%
  • 諸経費を含めた借り入れが可能
  • ガン団信をプラスしても、今の金利とほぼ変わらない

1.8%野金利で借りていた方は、今回団信込みでも、総返済額が240万円もお得になるという内容でした。

 

2014年前後に借り入れた方であれば、確かに良いかもしれませんね。

一般的に借換は、金利差0.3%以上ないと意味が無いと言われています。

 

でも私は0.3以下でも最後まで諦めずに確認します。

 

どこを見るかと言うと、その金利、団信込みかどうか?です。

 

ARUHIスーパーフラット借り換えの痛いところ

今回、魅力的だなぁと感じたのですが、団体信用生命保険金は、無料ではありませんでした。

団信不加入だと、金利1.01% 加入だと1.29%

ここなんですよね。

 

もし、団信込みで金利1.01%だったら、私は借り換えしていたでしょうね。

 

私は2015年にローンを組みました。金利は1.3前後。

 

その当時は団体信用生命保険代金が完全に別口だったので、私は、国産新車1台分の金額を、35年間払う約束をしています。

 

現在、前倒し返済にて、少しでもその金額を減らそうとしていますが、毎年12月にカードで引き落とされる団体信用生命保険を、うらめしくおもっています。

 

なぜなら、現在の住宅ローンの中には、団信保険料無料のローンがあるからです。

じぶん銀行

 

今後、新規に住宅ローンを組んだり、借り換えるときは、

 

団体信用生命保険料込みで、業界最低金利

 

が、最低条件な気がする、2018年 初秋です。