本当に効果のある節約の定義



 

通信料の節約 節約金額年間10万円以上

携帯会社を格安携帯会社に変更します。一番効果が大きい節約なのに
未だに実行していない方が非常に多い節約方法です。

変更の仕方が難しいという方もいらっしゃるようですが、Word 、Excelが使える一般社会人であれば、誰でも出来ます。

必ず出来ます。

私のおすすめは、同時に自宅のwifiも大手からUQモバイル等に変更することです。

我が家はUWモバイルで3階建て一軒家のwifiを確保しています。

家の隅々まで電波が通っています。

格安携帯にしろ、自宅をブロードワイマックスで運用するにしろ、若干の速度が下がる事は覚悟してください。

 

生命保険の節約 節約金額年間10万円以上

積立型終身生命保険に入ってらっしゃる方、掛け捨保険を検討しましょう。

私はこの本を読んで、今まで無駄に保険を払っていた事を知りました。

出口さんは生命保険業界では非常に有名なお方です。

 

医療保険も、5ヶ月分の生活費の他に100万円程度の余剰があるなら、必要ありません。

会社員であれば、多額の社会保障費が給与から天引きされています。この保険は、高齢者だけの保険ではありません。当たり前ですが我々も恩恵を受ける事が出来るのです。

必要なのは収入保障保険。給与サポート保険とも呼ばれます。
海外ではこれが主流です。

我が家は保険総額毎月7500円。

掛け捨て生命保険と給与サポート保険の月額です。

保険相談をうまく活用する

保険相談は相談に乗る振りをして結局生命保険業界に寄与する組織と考えてください。

でも、上記のような確固たる意志を持って挑めば、セカンドオピニオンとしての活用が可能です。

自分のプランを固めた上で相談するのは、良いアドバイスを引き出せる事が出来て、とても意義がある面談になることでしょう。

 

水道代の節約 節約金額年間3万円以上

まず、雨水を活用する事を検討してください。

1時間で5ミリの雨=1㎡で5リットルの水が貯まります。

こんな少量の雨で、1㎡あたり5リッットルも水がたまっているんです。

皆様の家の屋根は何㎡でしょうか。

少なくとも25㎡くらいあるのではないでしょうか?

1時間に5ミリという少ない雨量でも125リットルです。

これを雨水タンクで集めて、ガーデニングや洗車に使用します。

水道代の節約なのに、補助金が半分も出る雨水タンク

この雨水タンクは、洪水対策としても効果があるため、購入時、市町村から多額の補助金が出る事で有名です。

この業者さんは市に補助金を申請する書類も同封してくれますので補助金申請の手続きが簡単です。
※補助金は予算があります。予算が無くなり次第補助を受けられません。梅雨が始まる前の今であればまだ間に合うでしょう。

 

家の蛇口全てを節水水栓にする 年間2万円

新しいトイレを購入すれば少なくとも20%程度の水道代を節約する事が出来ます。

水道代がかさむ場所は意外にもお風呂の次に、「トイレの大」なのです。

最近のトイレは「トイレ大1回」あたり約60%の節水が可能です。

水道代を押えたいのであれば、トイレ節水は必須です。

リフォーム代も5、6年以内に取り返す事が出来る計算です。

家の蛇口、水が出る場所をすべて節水水栓にすれば効果は絶大ですが、初期投資がかさみます。

それが難しい方は、簡単に節水水栓に取り替える事が出来る場所をコンスタントに変えて行く事で、水道代の節約を促すという方法もあります。

私の節約の条件は、一度変更したら継続してそのメリットを享受出来る事。

水道蛇口の投資は、変更した日からずっと、効果をもたらす良い投資です。

水道代節約、簡単に出来る箇所

  • シャワーヘッド
  • キッチンの水栓
  • 洗面台の水栓

シャワーヘッドは節水出来ながらも美肌効果をももたらすものが売れ筋です。

こちらは、圧倒的支持を得ているシャワーヘッドです。

 

クレジットカード  節約金額年間約1万円

年収が平均以上になると、何かとステータスを求めたがります。
クレジットカードに、余計な年会費を掛けていませんか?

本当にゴールドカードを持つ必要があるのか、今一度考えるべきです。

差があるとすれば、空港ラウンジが使える 海外保険付帯くらい。

本人のみ無料の空港ラウンジ、2人目は有料、家族旅行では使えないこのサービス。貴方は何回使いましたか?
ポイントは、年間いくらもらえましたか?

年会費を半額程度にする裏技もあるようですが、それでも10年で6万円

世の中には年会費永年無料のカードが山ほどあります。

全て合わせて年間20万円以上の節約です。10年で車が一台買えますね。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村