初詣の浅草寺はとんでもない混雑?

※写真は2018年元旦、朝8時前の浅草寺です。平日のお昼以下の人の流れ。
女子トイレも待ち時間なしでした。

NHKの「ゆく年くる年」って、なんであんなに良いのでしょうか?

除夜の鐘と落ち着いたナレーション、音楽の無い構成、

甲子園中継とこの番組の為だけに、受信料支払ってるようなモンです。

 

行く年来る年では、全国の神社やお寺の中継がなされ、日付変更とともにお参りを待つ初詣客でごった返す映像が良く出てきます。

「今は行かない方がいいね」

なんて思って、ゆっくり起きてから元旦初詣に出かけると

「やっぱり初詣で賑わってるなぁ」

という事になるのですが・・・。

実は、めちゃくちゃ空いている時間があるんです

以前浅草に住んでいた私が勧める、浅草寺初詣の混雑回避方法

以前浅草に住んでいた時の事、

大晦日に飲み過ぎて、豚汁が飲みたくなったので、「混雑覚悟で浅草寺に行けば、露店豚汁屋さんがあるんじゃないか?」という事になりました。

行ってみたらびっくり、元旦なのに、人がいないのです。

「あれ、あの夜中の中継の大混雑はどこに行ったの?」

そうなんです。初詣は、朝6時から8時過ぎまでは、ガラガラなんです。

毎年初詣は7時にお参りします。

独身の頃の思い出をたよりに、我が家は毎年、初詣は元旦の7時、浅草寺で行っています。

全く人がいません。

さわやかな朝の空気に包まれ、身の引き締まる思いです。

浅草寺近くの駐車場も、ガラガラ。

露店やってれば、完璧なんですけど。これだけ参拝客がいないと、店開けても無駄ですね。

ちなみに、浅草寺のおみくじは、凶の確率が高めです。

だから、尚更いいんです。

毎年、良い運試しが出来ます。