我が家の姫高麗芝、8月は1日6㍉伸びています。

芝生管理2年目、勉強しながらゴルフ場のフェアウエイレベルの芝生にする事が出来ました。

ただ一つ残念な事が、浄化槽が庭の中にあり、マンホールのようなフタが芝庭の中に3つ存在している事です。

その際の部分は、芝刈り機が入らないため、際刈りバサミで芝刈りをしています。

芝刈りをした後に際刈りはさみ。たまにサボってしまうんですよね。

先週芝を10ミリカットし、際刈りをサボった所、今日浄化槽のフタの周りの芝がとてつもなく伸びていました。

この写真は、たった12日間、芝刈りをしなかった部分の芝生の成長が分かる写真です。
他の場所は、週一回10ミリでカットしています。

恐るべし芝生の成長力。

 

計算すると、1日で6㍉伸びている事になります。

夏は芝生をどんどん伸ばしてどんどん芝刈り

 

この成長力を迷惑と思うか、最高と思うか。これが近所が羨む緑の芝生への分かれ道。

成長著しい暖地芝、夏はどんどん伸ばしてどんどん芝刈り。

これが綺麗な芝生実現の為に一番大事な事なのです。

 

最高の肥料をあげて、雨が降らなければ毎日水やり。伸ばした所で芝刈り週2回

このサイクルが回ればどんな人でも緑が綺麗な芝生を作れます。

芝を刈ると、上に伸びて行こうとする芝の力が横に生える力に変わります。結果的にそれが密度を高め、芝生の緑が濃くなるのです。

水やりって、どのくらい?と思った方はこちら

軸刈りってなに?と思った方はこちら

芝生に肥料?と思った方はこちら

ゴルフ場のグリーンのようにしたいと思った方はこちら

フェアウェイレベルでいいよと思った方は、こちら

 

芝刈りした後のビールが最高

夏は朝日の出前に水をあげ、夕方涼しくなったら芝を刈り、綺麗な芝生を眺めながら、ウッドデッキでビールと谷中生姜。

 

これが、僕の最高の休日です。

実際に私が使っている、おすすめの道具

芝刈り機はこちら

 

肥料はこちら

際刈り鋏はこちら

 

正しい道具を使い、少し汗をかくだけで、誰でも綺麗な芝生を実現出来ます。

近所にうらやましがられる芝生、作ってみたくありませんか?