芝生の水やりについて

  • 芝生の水やりの最適な時間帯は朝です。
  • 張ったばかりの芝生は根付くまで毎日水やりします。
  • 基本は自然の雨で何とかなります。
  • 気温が25度を超え始めたら、4日に一回程度、雨が降れば1回とカウントしてOK
  • 梅雨明したら毎日毎朝水やり
  • 芝生の水やりの量は、たっぷり目が良いらしい?

雨が降った後の芝生は、本当に綺麗ですね

私が水やりに興味を持ったのは、雨の翌日の芝生が、とても瑞々しく、緑も濃く、なんだか生命力がみなぎっているように見えたからです。

やはり、芝生に取って、水やりは重要なんだなと思いました。

自動散水やスプリンクラー等が販売されていますが、僕は芝生と向き合いながら、水量を調節して撒く時間が心地よく感じるので、毎回自らの手で、芝生に水をまいています。

なぜ雨の翌日は芝生が綺麗に見えるのか?

それは、芝生がたっぷりの水を吸収したからだと思います。
例えば1時間に1ミリの雨って、傘が必要かなと思い始める雨。

足下が水跳ねで汚れるような10ミリの雨だと、10リットルの水がしみ込む事になります。

1時間に30ミリの雨だと・・・

天気予報と芝生の水やりは、様子を見ながら行わないといけませんね。

芝生が綺麗に見える雨の量は?

これは私の感覚ですが、1時間に2ミリ程度の雨が6時間程度降った翌日は、芝生がとても綺麗に見えます。

そんなに多くの水量が必要?

という事で聞いて見ると、1平米あたり10リットル以上のたっぷり目 という回答が。

という事で、雨が降らない5月 25度以上の日が4日以上、かつ、その先も雨予報が無い時は、1平米あたり、10リットルを目安に水まきをする事にしました。

芝生の水やり1平米10リットル。かなりたっぷりな感覚

たまたま我が家には、6リットルと4リットルのじょうろがあったので、一杯ずつ1平米に撒いて見ると、結構撒いたなぁという感覚です。

一瞬水たまりになって、その後無くなる 程度の状態。

芝生の水やりは根っこに届いて初めて水やりが成立します。表面だけでなく、芝生の根まで浸透させるには、このくらいの水量が必要なんだなと感じました。

 

 

芝生の水やりは天気予報とにらめっこ

 

・・・一日雨

 

という日は、雨足の強さにもよりますが、我々が想像している以上の水分を、芝生は吸収します。

水分過多にならないように、「計画していた水やり中止」などの対応が求められます。

夏は毎朝水やりが必要ですけどね。

20平米の芝生で毎日240リットルの水道代はさすがにキツい

  • 5月は4日に一回、雨が降る等考慮して2回中止すると計算しても5回
  • 6月は雨が多いと仮定して 3回
  • 7月は前半梅雨、後半毎日と考えても15回
  • 8月 9月は1日一回       60回
  • 5月から9月までで約83回

83回×240リットル=19920リットル。20トン?

 

自然の雨を活用した、サステナブルな芝生の水やり

雨水タンクという物があります。

屋根に落ちた雨は雨樋に集まり、雨水マスを通じて排出されます。

その、雨樋から雨水を搾取し、タンクに貯めるのが雨水タンクです。

屋根を仮に20平米だと仮定します。1時間に3ミリの雨が3時間降ったとします。屋根1平米あたり9リットル×20=180リットル。

雨樋は4カ所ありますが、雨水タンクは基本1本の雨樋から搾取するので
4で割ります。

1時間に3ミリの雨が3時間で、40リットルくらい、雨水がタンクに貯まる計算です。

一日雨だったら、10時間で 150リットルですね。

この雨水を芝生の水やりに活用すれば、半分以上の水道使用量を削減する事が出来ますね。

この雨水タンクは、都市部の洪水対策として注目されている為、補助金が50%近く市町村からもらえます。半額で手に入るのです。

申請は凄く簡単で、業者さんも心得ている為か、申請に必要な資料も同封して送ってくれます。

雨水利用タンク ホームダム 容量110L グリーン RWT-110-GR 自治体助成制度対象製品

まとめ






芝生と地球を愛するなら、雨水タンク、検討の余地ありですね。

雨水利用タンク ホームダム 容量110L グリーン RWT-110-GR 自治体助成制度対象製品
にほんブログ村 花・園芸ブログ 芝生・芝生管理へ
にほんブログ村