リクシルシャワートイレはとってもエコです。

そのエコ機能の代表格と言えるのが、少ない水量で抜群の洗浄力がある事。

大は5リットル 小は3.8リットルです。

これは従来品に比べ、60%も少ない水量という事になります。

驚きの事実として、全て 小で流れなかった事は無い ということ。

従来品と比較して60%も少ない水量にも関わらず、加えて小だけで全て事足りるという事は、とてつもない量の節水が可能という事です。

トイレの水道料は全体の水道料の30%と言われていますので、非常に大きな節水効果が期待できます。

どれくらい効果があるのか?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-8-44-36

NAVER

トイレの1日あたりの平均使用量は7回です。 小5回 大2回

私と妻 小
5回×2人×3.8リットル=38リットル

私と妻 大
2回×4人×5リットル=40リットル

子供たちは全て大で流していた事が発覚
7回×2人×5リットル=70リットル

合計148リットル。

これを全部小に変える
7回×4人×3.8=106.4リットル

差 1日あたり41.6リットル!!!

1月あたり1230リットル!!!

月の水道代の5%相当(私の家)

年間 15184リットルの差    半月分の水道代金

従来品との比較だと年間52000リットルの差 15%の削減

従来品との比較だと 年間約1万円の水道代金が浮きます。

90年代以前の古いトイレを使っている方は
6万円のトイレへの投資は6年で元が取れるという事です。
しかも快適に過ごせるトイレリフォーム。

トイレのリフォームは確実に回収できる美味しい投資なのです。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村