目土の効果をもう一度振り返り

目土、目砂の効果については皆様ご承知の通りと思うのですが、もう一度振り返ってみます。

  • 凸凹の修正
  • サッチ分解の促進
  • 地温を高めに保ち、成長促進
  • 新芽の保護
  • エアレーション(穴あけ)の後の穴埋め
  • 土壌調整

目土、目砂をする上でいつも苦労するのが、均等に撒く事。コレが本当に難しい。なので、今年はトンボを導入します。

目土、目砂、どちらが良いのでしょうか?

ゴルフ場では至る所に目砂が置いてありますが、世の中は目土が一般的のようですね。

私は水はけを考慮して、目土と目砂を使い分けています。

我が家は粘土質の土壌のため、植える際に土壌改良を施しました。

芝生が成長すると土が固くなる傾向があるので、水はけが悪くならないように、常に確認しています。

 

最初は黒土で目土していましたが、目砂の方が水はけの面で長けていると思い、川砂を投入しました。

目砂購入には注意が必要。

ホームセンターの川砂は粒が大きく、砂というより砂利のようです。

 

これでは芝刈り機の刃を傷つけてしまいます。

 

しまった!!!と思ってからでは遅いのです

一度撒いてしまうと、芝生の隙間に小石が入り込み、取り除くのがとっても大変。

 

ホームセンターで見ると粒が小さく見えたのですが、実際撒いてみると、粒が大きくて。

 

 

ホームセンターで購入した川砂を撒く際は、目立たないところで一度試す事をお勧めします。

 

一度撒いた川砂を取り除くのに、4時間くらい要しました・・・

 

よかれと思ってやったのに・・・むなしかったです。

 

一方黒土は、何となく効果があったような気がしますが、水はけを悪くしているような印象がありました。

 

 

目土、目砂 どっち?

私の結論、混ぜる!

目砂は二度と川砂で失敗しないように、品質のよい目砂を購入する事にしました。それがこちらです。

 

触っていただければ分かります。簡単に言えば

 

 

この目砂は、砂時計の砂

 

 

これを黒土と混ぜ合わせました。

 

目土と目砂を混ぜた事で、目土の芝生の保温、保護機能と目砂の水はけというイイトコドリを実現しました。

 

 

粘土質の我が家の床土には、これが一番効果があるようです。

 

芝生のことならバロネスダイレクト

 

 

専門家の意見も重要ですが、色々試して結果を見る事も、植物を育てる楽しみの一つでもあります。