少しの雨で敷地内が水浸しになったらまず確認。雨水排水システムは機能していますか?

 

前回、我が家が少量の雨で庭が水浸しに。特に家の周りが水浸しどころか洪水レベルにまでなったお話をさせていただきました。

結果、施工ミスとなり、無償で工事をしていただく事になりました。

先日工事が終わり、少量の雨で家の周りが水浸し問題は、完全に解決致しました。

少量の雨で敷地内水浸しの解決ポイント1 雨水排水のルールの把握

各市町村で違いますので、まずはここで情報収集しましょう。
雨水を敷地外に出してよいエリアかどうかを確認してください。

少量の雨で敷地内水浸しの解決ポイント2 浸透桝の大きさと設置の仕方の確認

枡の大きさのポイントは
居酒屋のビールのピッチャーレベルなのか、ポリバケツレベルなのか?そしてその根拠はどのように計算されているか。

浸透桝の設置の仕方については
1、ただ穴を掘って埋めただけなのか?→水はけの良い土地であればこれで大丈夫

それとも

2、穴を掘って下に砂利を敷いて、浸水シートを敷き、浸透桝をいれる。周囲にも砂利を入れ、最後に浸水シートでくるんでフタをするような設置の仕方。→粘土質の土であればこれくらい必要。

仮に粘土質でも、1の方法は設計上は問題はありませんので、施工ミスではありません。

ココは粘土質なので2の方法でやらせていただきました。←すばらしい施工店ですね。

地盤が粘土質で心配、もしくは念を入れて雨水対策を実施したい、
という場合は、2の方がおすすめです。自分でも出来ますけど、プロにお願いした方が早いです。

少量の雨で敷地内水浸しの解決ポイント3 図面を見て、その通りになっているのか確認してもらう

横浜マンションの杭打ち問題でお分かりの通り、地中の状態は確認が出来ません。

何かおかしいなと思ったら、水道業者等、第三者のプロの視点でみてもらいましょう。



少量の雨で敷地内水浸しの解決ポイント4 どうせ排水するなら雨水を溜めて使ってしまいましょう。

現在の雨水処理の法律の背景は、簡単に言うとこういう事です。

  • 現在の宅地は昔、畑や田んぼ、もしくは何も無かった。
  • そこに降った雨は、自然と土に浸水していた
  • 家が建ち、敷地外に雨をはじいている
  • 始まれた雨水が、集約されて川に注ぐ事で、洪水リスクが高まる

だから、自分の土地に降った雨水は自分の土地で処理してほしい
というのが雨水処理の条例の根本にあります。

なので、役所からすると
家でダムを造り、有効活用してくれるというのなら、洪水対策を管理する側からすれば、非常にうれしく思います。

となります。

これが、雨水タンクには多額の補助金が出る理由なのです。
私の市は、50%も補助金を出してくれます。
ガーデニング、芝生の水やり、洗車、これらの水道代を0円にできます。

雨水タンク コダマ樹脂工業 ホームダム ミニ110リットル(RWT-110)【丸ドイ用】【カラー:グレー】設置工具キットプレゼント!【1万円以上送料無料・代引不可】

我が家の雨水で水浸し 対策と結果をご紹介

実施前

image

対策 雨水浸透桝を大きくする。埋め込み方法を上記の2にする。
そもそも、雨水桝同士が管でつながっていなかったので、つなげる。

結果

image1

2本は雨樋からの流入管。一本は浸透桝同士をつなげる連結管。

雨水枡を大きくしてもらい、埋め込み方法を浸透しやすいように変え、施工図通り雨水枡同士をパイプでつなげてもらいました。

これがあるべき姿です。

夕立程度で家の周りのフタがずれるような事があれば、それは危険なサイン。プロの方に見てもらってくださいね。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村