ウッドデッキでランチや読書、夕方にビールを一杯という夢は、はかなくも、速攻で敗れ去る

夢のウッドデッキやバルコニー、さわやかに朝食、すてきなランチ、夕涼みしながらビールを一杯・・・そんな夢を持ってウッドデッキを作ったものの・・

 

 

周囲の目が気になって恥ずかしいのです。

 

私たちには、この課題を見過ごすことは出来ませんでした。

ウッドデッキの目隠し対策ははコスト高?

ウッドデッキの目隠しは、

  • 基礎から作ったフェンスをウッドデッキを設置
  • ウッドデッキに付属のフェンスを設置
  • 独立型のついたて版、デバイダーを使う

などなど、需要があるので商品は存在しているのですが・・・

  • フェンスを基礎から作るほど時間とお金はない
  • ウッドデッキにフェンスを設置するとウッドデッキの面積が狭くなる
  • 独立型のついたてバージョンは毎回収納する必要がある

ウッドデッキの目隠し 提案があります!

タープって、ご存知ですか?

簡単に言うと、テントのようなものです。

運動会の本部席にあったあのPTAのテント、あれです。

最高級はLOGOSです。

LOGOSはアウトドアの老舗。

  • 布の遮光率が強く、しっかりと日陰を作ります。
  • 風が抜けるような構造で飛ばされにくい構造です。
  • 設置時間も2分。他の追随を許さない操作性。
  • 非常に軽い
  • テント内にランプを引っ掛ける場所がある
  • 何より一番かっこいいデザイン。

おうおう、これはお日様対策であって、目隠し対策になっていないじゃないかっ

という声が聞こえてきそうですが、安心してください。

別売りで、ウオールシートを購入すると、こういう事が出来る訳です。
これで東西南北、必要な枚数だけ購入すれば、目隠しになります。

ご紹介したサイズは270㌢。

大きすぎるという方には、220㌢サイズでも十分かと。

こちらは220㌢タイプの、セット販売。

サイズによってカラーラインナップが変わってきたりするところも、外資系アウトドアブランドの遊び力ですね。

もっと安く!!ウッドデッキの目隠しがしたい

サイドのシート付きで、この価格です!!!

3メートルあれば、海のレジャーや運動会、みんなで公園でバーベキューなど、目隠し対策以外にも使えて重宝します。

 

まとめ

収納するのは確かに面倒ですが、最近のテントやタープは、想像以上に設置撤収が簡単です。LOGOSじゃなくても2分くらいです。

ウッドデッキを格安で目隠しして、太陽を楽しみましょう!!!