家を買うと言うこと 筆者よりご挨拶

 

住まいの決断は、人それぞれです。

賃貸と持ち家とどっちが良いかとか、

将来得するのはどっちだとか、

住宅ローンなんて一生奴隷生活だとか、

世の中には色々な物事の見方があります。

 

でもですね、

 

「自分の人生ですし、自分自身で決めたらいいんです」

 

例えば、私がどうして郊外戸建ての選択をしたかご紹介します。

 

私は、団体行動が苦手なのでマンションの理事会的なものは参加できないし

修繕積立金という共同出資も耐えられないし、

子供が3人なので周囲に迷惑をかけられないし、

妻と縁側のある家 と言うのを約束していたし、

って言う理由で郊外戸建てを35年ローンで買いました。

 

どうでも良い、些細な理由です。

 

皆さんそれぞれいろんな考えがあって今の住居を選ばれているんです。

結果それがタワマンだろうが戸建てだろうが、賃貸だろうが何でも良いのです。

自分が納得できれば、それは正解なんだと思います。

アフターコロナと家の価値

新型コロナウイルスで緊急事態宣言、外出自粛となった今、人々は家にいることを半ば強制されました。そして改めて、居住環境、家族の大切さに改めて気づかされています。

東日本大震災の頃は家族の絆が重要視されましたが、今は家族との関係性の重要度が高まっているように思います。

この、内面的なしかも大きな、そして強制力を持った変化は、新型コロナウイルスが落ち着いた後も、大きく私たちの価値観に影響を及ぼすことでしょう。

今までは住む場所は職場に近い場所の価値が上がってきました。

これからはどうなるでしょうか。

住む場所ではなく、「住まいかたの質」が問われる時代になるような気がします。

家を購入して自分流にカスタマイズするという事も、悪く無い選択になりました。

住宅ローンは苦行なのか

YesかNoかで回答すれば、Yesだと思います。

でも、年収の6倍以上の家を買わない、かつ健康である限り、なんとかなるというのが私の見解です。

ファミリーで賃貸でも、都心エリアであれば10万円は超えてきます。その時に失業すれば、サイズダウンを余儀なくされます。

ローンを組んでいても、払えなくなったらマイナスになっても売って、コツコツ返していけばいいじゃ無いですか。

コロナ後も、食品を扱うお店や物流など、絶対に必要な業種が見えてきました。そういったところで夫婦でバイトをすれば、住宅ローンと家族を養うくらいなんとかなります。

苦行と思うかどうかは、考え方次第だと思っています。

注文住宅で幸せ家族生活はこんなサイトです。

このサイトは、家を購入しようとした時に、参考になる情報を提供できたらなと思って始めたサイトです。

家を購入した時にその界隈を検索すると、住宅業者や金融業者の利害が絡んだ記事ばかりで、危うく騙されそうになりました。

また、評論家的な内容も多く、実際に購入してローンを払っている生々しい記事があまりなかったので、私が自分で書いてしまおうと思ったのです。

なので、諸費用など全部出していますし、住宅ローンも、これが良いかなという業者さんだけ紹介しています。少し調べていただければ、最終的にはここしか無いでしょっていう業ささんです。僕はそこからお金をもらおうとは思っていませんが、わかりやすいようにバナーは貼っています。でも年間1000円くらいですのでご安心ください。

そのほか間取りや立地、両親との同居、近居などの記事もたくさん書きましたが、いつの間にやら芝生の記事で有名になってしまいました。

住宅を購入する前は無趣味だった私が、住宅購入後に沢山の趣味ができました。家を購入した事とどんな関係があるのかわかりませんが、趣味が増え、人生が充実しています。

価値のある情報の共有 をモットーに記事を書いています。

気軽にお読みいただければ幸いです。