リビングの吹き抜けは暑い、寒いというデメリットは本当か


リビングの吹き抜けは寒いのか

吹き抜けはとても開放的です。同時に冬は寒く夏は暑くなるというデメリットがあるようですが、実際のところはどうなのでしょうか?

実際に注文住宅でリビングおよび玄関を吹き抜けにした私がお答えします。

リビングの吹き抜けは本当に寒いのか?検証結果

吹き抜け付きの注文住宅を購入して冬を越しました。吹き抜けを作った事によって寒さを感じたかどうかですが、

NOでした。

エアコンも暖房20度設定で事足りました。

実は吹き抜けリビングが寒くなるかどうかは、壁に入っている断熱材で大きく左右されるようです。

よって、今の新築住宅の断熱材を使用していれば、あまり問題ないのではないかと思います。

リビング吹き抜けで寒さ暑さを感じた場合の対処法

仮にそう感じた場合でも、対策はあります。

  1. サーキュレーターでエアコンの効率を上げる。
  2. ファン付き照明でこちらもエアコンの効率を上げる

いずれにせよ、仮に寒い暑いという事がある場合は、空気循環でエアコンの効率を上げて行くしか無いようです。サーキュレーター、先日使ってみましたが、確かに、効果があるようです。

ファン付き照明も、冷暖房の効果を上げてくれます。
暖房時は上から下に風を下ろし、冷房時は下から上に風を流して、冷暖房の効率を上げてくれます。

これが意外に効果があります。最近30度近くになったときがありましたが、エアコン28度設定で十分でした。猛暑日は、さすがにエアコン26度くらいにしないと厳しいですが。

created by Rinker
¥31,446 (2019/08/25 17:14:22時点 楽天市場調べ-詳細)

吹き抜けの掃除は大変何じゃないの?

妻の身長は157センチですが、、踏み台を使わずとも、吹き抜けにある、シーリングファンの羽根まで届きます。伸縮式のモップがあれば、何ら問題はありません。

また、電球の交換ですが、LEDですので8年前後に1回です。その時くらいはメーカーに連絡してもよいかと。

いかがでしたでしょうか。

世の中が言う、吹き抜けのデメリット、私は何も感じません。

心が解放される気分になるので、僕は大好きです。

むしろ、断熱材にこだわってください。

部屋があつい、寒いの問題は、吹き抜けよりも断熱材です。