ブロックフェンスDIYは、素人には大変だった話

ブロックフェンスのDIYは、相当の覚悟が必要

私、この半年で、粘土質の土を掘り返して姫高麗芝を植えたり、ウッドデッキの設置の為にコンクリートで基礎を作ったり、ウッドフェンスをウリン材を購入して基礎から作ったりと、大掛かりなDIYをやってきました。 その中で相当苦労したのが、ブロックフェンスです。YKKのルシアスフェンスを購入し、自分で設置したのですが、ブロックフェンスのDIY,とにかく苦労しました。
ハッチ(じいじ)ハッチ(じいじ)

これは、半端無くきつかった

はちろうはちろう

ブロックを購入する初期段階で、萎えちゃった

ハッチ(じいじ)ハッチ(じいじ)

これからDIYでブロックフェンスを作ろうと思っている貴方、相当な覚悟が必要ですよ

はちろうはちろう

ハッチはかなりのDIYのプロ。そのハッチが音を上げる、苦労とは一体!?

ハッチ(じいじ)ハッチ(じいじ)

お前も一緒にやったでしょうよ

ブロックフェンスのDIYはプロにお願い 平行編

平行、水平を保つ事がとにかく難しい
はちろうママはちろうママ

左端はブロックが3つ見えているのに右端に向かうにつれて2つ半しか地中から出ていない。そんなフェンス見た事ありませんか?

これは地面が水平でない事を理解した上で、土台を絶対的水平にしなければならない事を意味しています。
ハッチ(じいじ)ハッチ(じいじ)

あれはブロック塀の方が水平で、道路が傾いているんだね

まずこの時点で、
はちろうはちろう

むずかしそーーーーだなぁ

仮に、基礎部分は平行に設置出来たとしても、次なる難題が立ちはだかります。 ブロックを積む際は、ブロックとブロックの間に目地と言われるコンクリートを流して接着させるのですが、コンクリートの水分量が柔らかすぎるとブロックの重みで下がって行ってしまいますし、固すぎると逆に柔らかい部分との段差が出来てしまいます。 毎回ちょうど良いコンクリートを作るのは素人には至難の業。
ハッチ(じいじ)ハッチ(じいじ)

水平器?もちろん使っとります。一度水平にしても、時間が経つにつれてコンクリートがへこんでしまったりするのが非常に苦労しました。

これがまた、プロはいとも簡単にやるのです。当たり前ですが。

ブロックフェンスのDIYはプロにお願い 体力編

体力 基礎を作る為に穴を掘ります。 基礎用のコンクリートを練ります。 ブロックを持ち上げたり微妙な位置修正をしたり・・・ この作業が非常にきつい。 職人さん曰く、穴掘りがいやで若者の退職が後を絶たないとか。 コンクリートを練る作業と穴掘りは、本当にきついです。

ブロックフェンスのDIYはプロにお願い 仕入れ編

ブロックやコンクリの仕入れ 6メートル4段のフェンス作成に60個のブロックを購入しました。 総重量、720キロ。ホームセンターで購入を考えている方は、こちらも覚悟された方が良いでしょう。軽トラの最大積載は350K前後。何往復しますか? コンクリートも重たいです。一袋20キロを20袋。(私の場合)
はちろうはちろう

腰がもう、アウトでした

   

ブロックフェンスのDIYはプロにお願い 道具編

コンクリートをこねる桶、コンクリートをこねる機械、パテ、木枠など、そのときにしか使わないけど無ければ出来ない道具が多いのも、プロに依頼した方が良い理由の一つです。 小さい物の積み重ねで、材料以外でも結構コストが掛かります。

ブロックフェンスのDIYはプロにお願い  コスト編

あれ?意外に掛かったな。お金 30メートル 3段ブロックを業者にお願いした場合のコストは 30万円から40万円が相場です。 6メートルの3段ブロック、私たちのコストは、前述の道具も含めて、10万円強。(ドリルは実家にあったので含まれていません) ドリルを買ったら、15万円くらいになります。 これでも、色々道具は揃っていた方です。 コスト面では、プロに依頼しても、さほど変わりません。 業者さんは2日で完成させ、私たちは毎週日曜日使って10日くらい。

まとめ

はちろうはちろう

よほどの自信が無い限り、ブロックフェンスはプロに依頼した方が良いです

はちろうママはちろうママ

結局、コストもあまり変わらないのよね

ハッチ(じいじ)ハッチ(じいじ)

DIYは楽しく、コストを抑えられ、愛着がわいて、思い出になる  なんてのが醍醐味なんだが、苦労した分、愛着は湧いたけど、それ以外のメリットが見つからない、珍しいDIYだった

  難易度 難儀度 コスト どれをとってもかなりハイレベルです。 やるのであれば相当の覚悟と多くの仲間を巻き込んで実施する事をお勧めします。     にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村   ID:6c155q