芝生が枯れ死んじゃいました。復活は無さそうです。

芝生、完全に枯れた。生育期に。

私の姫高麗芝ですが、完全に枯れてしまいましたね。

毎年この時期には、奇麗な芝生の写真をアップしておりました。

昨年同時期の写真です。

もう一枚。

 

高麗芝、野芝等の暖地芝は、冬になると茶色く変色し、休眠期に入りますが、今回の枯れ方は、それとは全く違います。

少し引っ張ると、軽く抜けてしまいます。

冬枯れの時は、根っこが生きているので、簡単に抜けません。

軽く抜けると言う事は、根っこも枯れ死んでしまったと言う証拠です。

2018年7月上旬、全く手入れをしない芝生でさえも、緑で埋め尽くされているこの時期に、

衝撃の姿となっております。

 

 

 

 

どうしてこうなってしまったか。

昨年秋口に西洋芝の種を撒く、オーバーシーディングを実施しました。

冬は奇麗な緑を維持したのですが、春先になって 西洋芝がなかなか衰退せず、本来の高麗芝の生育を阻害している状況でした。

目で見ても、明らかに西洋芝と高麗芝の混合が目立ち始めたため

西洋芝だけ枯れ殺す農薬を散布したのです。

芝生を枯らせてしまった原因は?

 

芝生への農薬散布は用量を何度も確認したつもりでしたが結果的に計算ミスをして、濃度が濃すぎたのでしょう。

姫高麗芝も枯らせてしまいました。非常に残念です。

 

皆様にお伝えしたい事は

農薬散布時はその種類、用法を徹底的に調べた上で散布する事。

特に、一般的に農家さんが使うような種類の農薬(希釈の数値がヘクタール単位だったり、アール単位だった場合)

 

一般家庭の庭はそんなに広くないので大げさに言うと、一滴で効果が強くなりすぎる事もあるのです。

お気をつけ下さい。

でも、落ち込んで・・・・・・いません!!!

 

わはは。

 

芝生は枯れてしまったけれど、新たな取り組みを計画中

 

芝生をある程度奇麗に整える事ができるようになるとそこでどんな遊びができるかと言うところに興味が出てきます。

 

近所の子供たちは楽しそうに芝生の上で遊んでいます。ピクニック、おままごと、サッカー、昼寝。

でも私はと言うと、鑑賞して自己満足 程度でした。

奇麗にする事はできた、でもその先の発展が見えない。

やっぱり、パッティンググリーンが欲しいんです。

芝生のパッティンググリーン計画、始動

 

今年の夏は研究して、計画を立てます。

 

来年の今頃に奇麗なパッティンググリーンを作るために、秋に西洋芝にトライしようと思います。

 

床土も砂を多めに入れて、一年中緑のパッティンググリーンを作ってみせます。

 

少し芝生の記事は少なくなるかもしれませんが、

 

今後の私にご期待ください。

 

では!!!