浄化槽と上下水道の価格比較

上下水道地区から浄化槽地区へ引っ越した

最初に結論を申し上げます。 浄化槽+上水道代年間費用  53,766円 埼玉県某市 上下水道年間        45,336円 神奈川県Y市 8430円、年間で上下水道地域の方が安いという結論になりました。 上記の浄化槽の年間維持費には、汲取金額(約2万円弱) は入っておりません。 この費用をプラスすると、圧倒的に浄化槽の方が高くつく計算です。 浄化槽区域に住むという事は、上水道代はそのまま支払いながら、下水道代が0円となり、浄化槽維持費に変わるという事です。

浄化槽の維持費価格、工夫してコストを下げる事は可能か

まず、浄化槽の維持価格の内容を見てみましょう。 1、保守点検 年4回  17280円 2、防虫対策 年間3回 9720円 ここまでが浄化槽のみの維持価格費用 これに 3、上水道代年間費用  26766円 合計 53766円という事になりました。 浄化槽の維持費用価格を下げる事が出来る部分は、防虫対策費用です 浄化槽内から沸き上がってくる虫を浄化槽内で駆逐し、周囲に迷惑をかけないために、浄化槽会社から打診が有るかと思います。 自宅の浄化槽から周囲に虫が湧くのは避けたいので、毎回お願いしておりましたが、内容を見てみると、つり下げ式防虫剤をフタの後ろにぶら下げるだけの簡単な行為。1枚1700円程度でした。 これを毎回2枚、年間3回実施していたのですが、前回から、1枚に変更しました。 これで問題なければ、年間3500円程度の削減となります。 浄化槽内の防虫対策は、自分たちでも出来ます。 900円から3200円程度の価格の幅で、Amazonでも購入出来ます。 私の業者は良心的で、アマゾンと同じ価格で取り付けまでしてくれるので、そのままお願いしています。 一回あたり5000円前後とられている場合は、どんな内容の殺虫剤を使っているのか?などを確認されると良いでしょう。     上下水道の場合は、綺麗な上水の使用量を押えれば、比例して下水代金も節約出来たのですが、浄化槽地域の場合、上水使用量を節約しつつ、浄化槽管理会社との交渉をしない限り、水道代全体を押える事が出来ません。 汲取が入るとトータルで年間約15000円程度の負担増となる浄化槽設置。35年間で約50万円の負担です。最初の埋め込みでも60万円くらい負担が有りますので、浄化槽地域=35年で最低100万負担 と思われた方が良いです。上下水道に切り替わる際の工事費用も、住人負担となっています。 浄化槽設置に際し、補助金が出る地域も有りますので、そこは各自でお調べください。 望んで浄化槽地域を選んだ訳ではないのに。計画通り区画整理が行われる事を祈るばかりです。   にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村