結婚式を2度も挙げた私が考える結婚式の費用とポイント

結婚式を2回挙げて貯金が底をつく?

「注文住宅で幸せ家族生活」というブログを書いている はちろう
と申します。

おかげさまで今ではこんな幸せな記事を書いておりますけれども、
ここにたどり着くまでには色々ありました。

若くして結婚し、成田離婚さながらのスピード離婚を経験しております。

右も左も分からないまま離婚したため、多額の慰謝料を背負い、一時は弟にお金を借りるほど生活が困窮しました。

バツイチ、しかも、ご丁寧に2回も結婚式を挙げた、希有な男なんです。

中堅ホテルと都内のレストランウエディングを経験した男が、
結婚式の費用とポイントを語ります。

私の過去2回の結婚式の費用

1回目 関東近郊中堅ホテルでの結婚式 総額 180万円 ご祝儀170万円
2回目 都心レストランウエディング  総額 220万円 ご祝儀80万円

支出 400万円、収入 250万円
収支 -150万円

2回目結婚式の際は、1回目に来てくれた方からのご祝儀をお断りしました。これははっきりとお断りいた方が良いです。その後の人生の為に。

結婚式はご祝儀をしっかり計算する

結婚式の費用に頭を悩ませる前に、ご祝儀の事を考えましょう。
「ご祝儀を式に費用に充てるなんて、そんな計画性の無い男はダメだ」
と言う意見もあると思います。でも、背に腹は代えられません。

結婚はタイミングとご縁。お金の問題でそんな良縁を見逃してしまったら、婚期を逃す可能性もあります。

1人3万円×人数

中には2万円お方もいらっしゃいます。1万円の方もいるでしょう。
その辺は両親や祖父母の二桁ご祝儀がまかなってくれました。50人招待するとして、夫婦でくる方等を考慮しても120万円程度はいただく事が出来ます。

結婚式場の中には、一部は前払いで、残りはご祝儀からの支払いプラン があるのには驚きましたね。

つまりは支出をコントロールし、プラスマイナス0に持って行く事は不可能ではありません。

でも私は、あまりお勧めしませんね。

結婚式の料理はケチるな

式の費用を大きく左右するのが、料理の質です。一回目でプラスが出たのは、このコントロールをした事が要因です。

でも、反省しています。なぜなら、

「良い結婚式だったね」=「おいしかったね」 だからです。

料理をケチると本当にしょぼい結婚式になります。
料理がしょぼいと、式の途中から申し訳なくなってきます。「もう一品、増やしておけば良かったかな」とか、せっかくの幸せな時間に、そんな事考えたくもありませんよね。

新郎新婦席に座ると、招待客の食の進み方がよく見えてしまいます。

おいしそうに食べてるのか、一口食べて手を付けない状況とか

主賓を始めご年配の方々は多くの式に参加されています。失礼と思いながらも、頭の中で、比較や損得の計算が働かない訳ではありません。友達でもそうです。心の底で、比較はします。

2回目はレストランウエディングでしたが、有名シェフのコース料理で、一回目の反省を生かし、これでもかと言うくらい、おいしい料理を準備しました。皆様本当においしそうに食べていました。

おいしい物を食べると、人はやはり笑顔になるもの。雰囲気にも差が出ます。

格差とか見栄を張るとかではないんです。自己満足の問題なんです。

自己満足は 自己満と言われてあまり良い言葉ではないですが、式で自己満足が得られないと、その後の人生でなんか引っかかるんですよね。うまく表現できませんが・・・。

結婚式を2回やった私から言わせると、結婚式の料理は大切だと言う事です。

では、どこでコストを削ったら良いのでしょうか。

結婚式を挙げる時期でコスト削減

2月と6月、10月、どの月の結婚式の値段が安いか、ある程度想像できるかと思います。

ご高齢の方がいらっしゃる等の特別な事情が無い限り、参加者に取ってはあまり気にならない部分です。

当事者としては、結婚式の記念日がいつだったか覚えているかどうかと言う事だけが、問題になります。

一度早めに式場に行って、シーズン価格を確認した方が良いですね。

ジューンブライドも一切気にする必要はありません。こんなに多くの方が離婚している訳ですから、何月に結婚しようがどうでも良い訳です。

6月はイベントが少ないせいか、結婚式を挙げた日を忘れてしまう可能性すらあります。

シーズン特別価格が無い月で、かつ2人に取って覚えやすい日で良いと思います。よけいな支出は避けましょう。

お色直しは本当に必要か?

新婦のお色直しは、新婦のしたいようにさせてあげれば良いと思いますが、検討すべきは新郎の方です。

新郎の衣装なんて、誰も見ていませんし、覚えておりません。興味もありません

新郎はお色直ししないというコストカット方法もあります。
ドアが開く瞬間と、その後の5分を我慢すれば、数万円浮きます。

引き出物は自前で準備する

大安の日の電車の中は、重たい引き出物を持って気持ちがよくなっている方々を良く目にしますが、結構重たそうな物を持っていますよね。

カタログギフト、引き菓子、小物など・・・。

袋の中には奇数個の物を入れないと とか、袋に対して中身が寂しくなってしまいますとか、式場のコーディネーターには色々言われますが、そんな物と結婚後の幸せなんて何も関係ありません。

世の中たくさん離婚していますが、多くの方がこのしきたりを守った事でしょう。私も1回目はしっかりとしきたりを守りました、でも即離婚です笑。幸せになるかどうかを決めるのは、当たり前ですがその後の生活の相互理解と思いやりです。引き出物なんてどうでも良いです。

引き出物は、おいしいものをテーマに絞る のが良いと思います。

例えば、2000円のプチケーキって、いただけたらうれしくないですか?参列者の家族も幸せにしてくれそうですよね。

有名洋菓子店の「量は少ないけどとてもおいしいお菓子」なんかを選ぶと、家に帰ってもおいしい思いが出来ますし、家族がいるのに参列していただいた御家族への感謝も伝わります。

レストランウエディングなら、自慢のデザートを引き菓子にしてくれるかもしれません。

3つにこだわりたいのなら、トトロがドングリを入れていたあんな包みのような、小さいもの1個2個でも、全然良いじゃないですか。メリハリを付けて満足度を上げましょう。

式場を彩るお花は頑張るべき

レストランウエディングの時、結構高かったのが、お花代でした。

それぞれの式場で状況は違うと思いますが、簡単に言うと、造花と本物と、2種類あって価格が違うと言う事です。

やはり本物は違います。人工物には無い、本物の自然。

ここは本物のお花でチャレンジしてみてください。

レストランウエディングはおすすめです

結論から申しますと、レストランウエディングをお勧めします。

招待された側から言わせていただくと、ホテルでも椿山荘は料理がおいしかったです。でも、なんか、ワクワク感は無い。やはりホテルはホテル

レストランの場合は、今まで行った事の無い高級レストランに入るワクワク感があります。

 

レストランウエディングは、建物で絞り込み

最近は、色々なところでレストランウエディングをする事が出来るようです。選ぶ側としては、迷ってしまいますよね。

私のおすすめは、歴史のある建物を使ったレストランでのウエディング

こういったところは、花を置いても、写真をとっても、見栄えに重厚感が出てくる物です。

結婚式のクオリティと幸せは一切関係がない

結婚式なんて、極論を言うと挙げなくてもいい訳です。また、良い結婚式を挙げたからと言って、良い夫婦になる訳でもありません。ご心配なく。

さらに言うと、海外挙式や超ミニマム挙式など、色々なスタイルが増えてきています。

しきたりや格式等は以前に比べて優先順位が上がり、新郎新婦とその友人のスタイルにあった挙式が人気です。

周りの方々に、感謝を伝える。それができれば、何でも良いのではないでしょうか?

結婚式準備中の喧嘩について

お互い忙しくて準備がうまく行かず、喧嘩なんてしたら本末転倒。だけど良くある事です。そんなときは「忙しいときの互いの本性が見えて良い経験になったな」くらいにしておきましょう。

決して、この人とは将来不安だわ なんて落ち込まないでください。そんな時にお互いが自分を省みて、関係を構築して行く事が結婚生活ですから。

 

たくさんの結婚式の形がある中でも、料理だけはこだわってくださいね。

これが、人生で2度結婚式を挙げた私が皆様にお伝えしたい事です。