リクシルトイレ ベーシアハーモJタイプとベーシアシャワートイレの比較


トイレを選びにリクシルのショールームへ

トイレ選びって、プランニングのときに考えが回らない場所の一つ。

リビングやキッチンは色々調べたりするけど、トイレって、「あっ、そうだ。ここもプランしなきゃ」 って感じですよね。

と、言う訳で、水廻りのプランニングの際に、リクシルショールームのお姉さんに今の一押し商品を紹介してもらいました。

それが、リクシルのベーシアハーモJタイプとベーシアシャワートイレです。

 

ベーシアハーモJタイプ とベーシアシャワートイレフチレス

リクシルトイレの看板商品、

1、ベーシアハーモJタイプ
2、ベーシアシャワートイレ(フチレス)

を徹底解剖します。

ベーシアハーモJタイプ (タンクレス)の主な機能

  1. しっかりエコ  ECO5搭載 大洗浄5L 小洗浄3.8L 通常のトイレと比較して69%の節水。2日でお風呂一杯分の節約を実現 年間18800円の水道代節約
  2. きれい機能搭載 タンクと便座の隙間が掃除をする時パックり開くので、掃除しやすい。
  3. 便座に汚れが入る隙間が無い継ぎ目がありません。
  4. ノズルにシャッターがあり、男子の立ち小便時にノズルが汚れません。
  5. ノズルの先端が簡単に取り替え可能
  6. 便器の中 プロガード ハイパーキラミック加工で汚れが尽きにくい
  7. スローダウン便座 ゆっくり下がる

ここからがベーシアハーモJの凄いところ

  • フルオート便座
  • フルオート便器洗浄(座っている時間に応じて水量調整)
  • Wパワー脱臭
  • 奥行き65センチというコンパクト設計

とにかく、一番多くの水を使用するといわれているトイレ。最新であればあるほど、節水機能に優れているため、リフォームにせよ新築にせよ、最新トイレはおすすめです。

ベーシアシャワートイレ フチレスは?

上記の1−7までは同じ機能がついています。違いはと言えば

  • Wパワー脱臭ではなく パワー脱臭
  • フルオート機能無し
  • 奥行き67センチ ハーモとは2㌢の差。

その辺が、若干グレードダウンしますが、グレードダウンとは言いがたいですね。若干の違いです。

ベーシアハーモJタイプがいいけれど、タンクレス、必要かな

グレード的には、ハーモJが一番、シャワートイレが2番となります。
数万円、ベーシアハーモJの方が高かったと思います。

タンクレスって、とっても惹かれます。誘惑ワードです。
トイレが広くなるし、掃除が楽だし、、、

でも、トイレ広くして、何を実現させたいのか?

うちのトイレ、縦長で、結構余裕があったんです。タンクレスにしちゃったら、それこそ空間が間延びしてしまう恐れがあったのです。こういった理由で、我が家はタンクレスにこだわることをやめました。

リクシルトイレのオート開閉機能 欲しい!!!

ママ曰く、「絶対欲しい!!!男子が閉め忘れるから」って言ってました。

でも、男性陣が、「がんばって閉める」 ということで、あきらめました。

今?全く閉めていません笑。ストレスを少しでも軽減させたいなら、オート開閉への投資は、奥様への良いプレゼントかも。

ベーシアシャワートイレフチレスの感想

結局、1階も2階も、フチレスにしました。

タンクレスではないけれど、縦長トイレの我が家は、それでも尚、スペースがあり、手洗い水栓、収納棚を設置しました。本棚も置けそうです。トイレの縦横の長さを理解して、タンクレスの必要性を考える。これがポイントでした。

リフォームを安心に安く|リフォーム比較プロ

まとめ

  • 最新トイレの節水機能は魅力的。水道代が確実に減ります。
  • タンクレスの検討は実際のトイレサイズを測ってから検討する。本当にそのスペースが必要か?
  • オート開閉便座は僕たち男の協力で解決したように見えたが、実際は無法地帯。あってもよい
  • 余裕があれば全部最新にしたかったというのが本音
  • コストと戦いながらの住宅設計。もし少しでもコストを抑えたいのであれば、それぞれのメリットを考えて検討するのが吉。