将来絶対に手に入れたい芝刈機とサッチマシーン

まだまだ青二才ですが、この1年、芝生の事をたくさん勉強して、実行して、たくさんの事を学ぶ事が出来ました。

今では芝生管理は毎週の楽しみです。芝生管理、本当に楽しいです。

綺麗な芝生の為に、本当に大切な事が見えてきた

 

私が考える芝生管理で大切な事は、

 

 

成長著しい時期に、どれだけ生育スピードを上げる事が出来るか?
芝刈り頻度をどのくらい上げる事が出来るか?

 

その為に、

 

最高の肥料を最高のタイミングで施肥する
最高の芝刈り機で芝を痛めずに何度も芝を刈る
水やりを徹底的に行う

 

以上の事を信じて、芝刈りに励んでいた訳ですが、もう一つ、ケアをしなければならない事が出てきました。

それは、サッチングです。

 

芝刈りの頻度を上げる=サッチが大量に出る

 

サッチとは、枯れた芝生や芝刈り時に漏れたシバカス、表面に出てきた根っこ等の事を言います。

 

ゼロにする事が良い事ではありません。

 

でも、多すぎてもいけません。

 

このサッチは、一定量を超えると、土にフタをしてしまう状態になります。

梅雨や夏、そんな状況になったら、どんなことが起こるか想像出来ますよね?

蒸れて病気になったり、害虫のすみかとなったり、酸素不足で生育が悪くなったり

なので私は毎週、芝刈りをした後サッチを熊手で取っているのですが、取っても、取っても、たくさん出てくる

 

去年、サッチ除去って何だか分からなかったから、何もしなかったんです。そしたら、芝生がキノコでいっぱいになっちゃって。笑笑
実際の映像↓

だから今年はこまめに取ろうと、毎週がんばっている訳ですが

本格的にサッチングを行ってみると、かなりの重労働。

 

しかも私の武器は熊手、精度が低い。

 

もちろん、私の芝生管理はサッチングだけではありません。

 

毎週の私の芝生管理ルーティーン

 

毎週私は草を抜き、芝刈りをし、芝刈り機が入らない際(キワ)をハサミでカットし、サッチングを施し、月に一度肥料をまき、必要があれば目土を入れて、水まきをしています。

 

だいたい2時間半コースです。

芝生管理はとっても楽しいし、いい運動にもなるし、とても良い気分転換なので、言う事無いのですが、気になっているのが、そのクオリティです

どうせやるなら最高の芝生を目指したい。

 

そうなると一つ一つの作業にクオリティが求められます。

 

私がお金を貯めて、必ず手に入れたい機械達

サッチングマシーン

この芝生管理に取って重要な芝刈り後のサッチ除去、自動でやってくれる機械があるのです。

5年計画でお金を貯めて、絶対に買おうと思っているサッチングマシーンがあるのです。

 

どこまで取れちゃうの?って言うくらい取れるらしいです。

 

夢にまで出ちゃいそうです。

 

高性能芝刈り機

下手な電動よりも、手動式芝刈り機の方が良い事は間違いありません。

しかし、この機械だけは別格です。

バロネス製なので切れ味はお墨付き。しかもコードレスで操作性も抜群。有名ゴルフコースにも使われているバロネスブランド。

 

これ以上の切れ味は無いでしょうね

電動まで行かなくても、手動式芝刈り機もあります。バロネスの芝刈り機は芝男にとって永遠の憧れブランド

際刈りで見た目も大きく変わる。芝生の際刈りバリカン

芝刈り機はどうしても、庭の切れ目である際(キワ)の部分は入り込めません。

また、芝生の性質上、際はとっても生育が良い。

人に踏まれない場所である事が大きな理由かと思います。

今は、手動のハサミで切っています。

仕上がりには文句はありませんが、腰に負担がかかります。

電動の力を借りたい所です。

2018年、今年も、春が待ち遠しい、芝男です。