芝刈り機は絶対手動が良い理由

芝刈機のおすすめは手動式

芝生をきれいにしたいなら、芝刈機選びは非常に重要な要素の一つです。

切れ味の鋭い芝刈機であれば、きれいな芝生を実現できますが、そうでない芝刈機では、人並みの芝生しか実現できない事でしょう。

切れ味の悪いハサミで、紙を手に持って切ると、紙がぐちゃぐちゃになりますよね。ハサミは芝刈機、紙は芝生と考えていただければご理解いただけるかと。きれいな芝生を目指すなら、芝刈りの「しやすさ」ではなく、「切れ味」で芝刈機を選ぶべきなのです。私は経験上、家庭用芝刈機は手動が良いと考えています。作業的にも30平米くらいまででしたら十分手動式で対応できると思います。

あまりにも広いお庭をお持ちであれば電動式をお勧めしますが、ほとんどの方には芝刈機は手動をお勧めしています。今日はその理由をいくつかまとめてみましたのでご覧ください。

芝刈機を手動にする理由

では、芝刈機を手動にするべきと思う、私なりの理由を羅列してみます。

電動式芝刈機は楽ではないから

手動式芝刈機は手押しなので大変。その点電動式芝刈機は楽チン。
通常手動と電動だったら、電動の方が楽に感じますが、楽チンなのは、電動ではなく、ルンバ式芝刈り機のような、自動の場合です。

手動式芝刈機よりも、電動式芝刈機が楽だと安易に考えてしまった方々の後悔の声をどうぞ。

  • 電動芝刈り機は重たいので、出し入れが大変
  • 電動芝刈り機は重たいので、芝生上での操作が大変
  • 電動芝刈り機の切れ味は、手動に比べて劣る場合がある
  • 電動芝刈り機は芝刈り時のコードメンテナンスが意外に面倒
  • 電気代
  • 騒音

電動式のメリットと思われていた操作性や体への負担軽減は、思うほどメリットになっていない事が分かります。特に、1万円前後の電動芝刈り機は注意が必要です。性能、操作性、切れ味、全てにおいて中途半端です。

45㎡くらいまでであれば、手動式

感覚は人それぞれですが、45㎡くらいまででしたら、手動で全く問題ないかと思います。そもそも手動でも電動でも、手で押して行く歩行距離はあまり変わらない訳です。それなら、軽くて小回りが効き、保管場所にも困らない手動式の方が良いと思いませんか?

安い電動芝刈機は、芝生を痛める

電動式は手動式に比べて値段が高いです。しかし最近は、各メーカーが安価な電動芝刈機を発売しています。安価な電動芝刈機は、ロータリー式の物が多いです。ロータリー式とは、円盤の刃がレコードのように回って芝生を刈る仕組みのことを言います。

このロータリー式は、刈る面積が大きい時、もしくは、伸びきってしまった雑草を刈る時に良く用いられます。よく川の土手などの伸びきった雑草を、エンジン音とともに刈り込んでいる風景を見た事があると思いますが、あの用途が一番適しています。

切れ味よりも効率を考えた、少し雑な仕組みと言えるでしょう。そのロータリー式で作られた安価な電動芝刈機は、芝刈り後の切断面を汚くしてしまいます。ちなみに、リール式芝刈り機とはクレラップの芯のような刃が回転して刈る芝刈機の仕組みの事を言います

  • 芝刈りの仕上がりが綺麗です。
  • 短く刈る事が出来ます。
  • 電動の場合も音は比較的静かです。
  • メンテナンスが少し大変です。

芝生に少しでも愛着があるこの記事を見ている貴方は、切れ味を考えて、リール式を選ぶのが良いでしょう。

切れ味の良いリール式手動芝刈機

私見ですが芝刈機選びは、以下の条件で検索すべきです。

  • 手動式
  • リール式
  • 切れ味が良い

問題は、切れ味が良い物をどのように見つけ出すか ですが、それを理解する為に、口コミだけでなく、各企業の歴史や専門性を調べました。

その中で上がってきた2社が キンボシ と 共栄社です。

共栄社は、芝生業界で有名なバロネスブランドの会社名です。芝生管理の全てにおいて、クオリティが高い事が有名ですが、バロネスの手動式芝刈機は、6ミリの短さで芝生をカットできます。手動式芝刈機で、6ミリの短さでカットできる芝刈機を私は他に知りません。この事実は、バロネスの手動芝刈機の切れ味が良いことを証明しています。切れ味が良くないと、短く刈る事が不可能だからです。パッティンググリーンを目指しているなら、グリーンの刈り込み高は5ミリ以下にしなければなりませんが、手動式でその夢に少しでも近づこうと思ったら、この商品しか選択肢がなくなります。

created by Rinker
¥59,400 (2019/12/06 21:56:16時点 楽天市場調べ-詳細)

キンボシは昔は刃物メーカーでしたので、切れ味には自信を持っています。また、業界初の刃調整不要の手動リール式芝刈り機を発売した企業として有名です。機能性だけでなく、価格も魅力的です。最短の刈り高は最短で10ミリですので、完璧なフェアウェイが実現可能です。

リョービはダイカストと呼ばれる金属鋳造法をメインとしている会社で、そこで培った技術を、印刷機、釣り具、電動工具に応用した歴史があります。2018年度の決算報告書でも、ダイカスト事業、住建事業(主にドアクローザー)、印刷事業がメインとされ、会社として芝刈機に注力している印象は持てません。

と、ここまでは手動式をお勧めしてきましたが、電動式でもこのレベルなら欲しいなと思うのが、こちらです。パッティンググリーンを検討されているのであれば、手動芝刈機では刈り高が長過ぎます。最短でも6ミリです。このバロネスの電動芝刈機は 5ミリカットが可能ですので、限りなくパッティンググリーに近づけると思います。

created by Rinker
¥284,900 (2019/12/07 01:16:22時点 楽天市場調べ-詳細)

とはいえその差は1ミリです。仕上がりで考えるとやっぱり手動式で良いのではないでしょうか?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 芝生・芝生管理へ
にほんブログ村